Netflixドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』超おもしろい!男性妊夫の目線で日本の問題を描く社会派コメディ

出典:https://www.netflix.com/

Netflixで配信中の斎藤工と上野樹里主演の社会派コメディ。突然妊娠が発覚する桧山健太郎の目線を通して、日本が抱える社会問題を鋭く切り取った奥の深いドラマに仕上がっています。本作のキャストや見どころなどを、ネタバレなしで早速チェック!

&nb


『ヒヤマケンタロウの妊娠』あらすじ

桧山健太郎は広告会社に勤めるハイスペック男子。特定の恋人はおらず仕事と人生をエンジョイしていたが、ある日突然体調不良に悩まされる。

テレビでは男性が妊娠する男性妊夫が話題になっており、健太郎は訪れた病院で妊娠を告げられる。

会社で大切な案件を抱えているなかつわりに悩まされ仕事に集中できず、キャリアのために中絶を考えるが病院で妊夫の宮地と知り合い産むべきかどうか考えることに…。

出産を決意した桧山は妊夫生活をスタートさせるが、さまざまな壁が立ちはだかる。

『ヒヤマケンタロウの妊娠』を視聴した感想

めちゃくちゃおもしろかったです!男性が妊娠するというあり得ない設定はファンタジーですが、それ以外はとってもリアルでいろいろなことを考えさせられました。

妊娠・出産の大変さはもちろん、出産後に女性が経験するキャリアの断絶や子育てを、男性の健太郎の目線で描いていくのがおもしろい。

人々の偏見や子育て・出産に関する男女の温度差など、健太郎が妊娠することで男女の立場を逆転させて描いた切り口がすごく新鮮でした。

これほど今の時代にフィットしたテーマのドラマはないのでは?というくらいハマっていて、本作のように世の中も少しずつアップデートしていってくれたら…と願わずにいられません。

おもしろい社会派コメディを観たいという方にぜひおすすめで、たくさんの方に観て欲しい社会派コメディの秀作です。

最後の健太郎の同僚女性のキメセリフが最高に気持ちよくて、全てはこの一言に凝縮されているようでした(笑)。


『ヒヤマケンタロウの妊娠』キャスト

桧山健太郎(斎藤工)

広告会社に勤めるハイスペック男子。仕事は順調で女性にモテて、人生をエンジョイしている。ある日突然体調不良に悩まされ、妊娠が発覚して驚く。

瀬戸亜季節(上野樹里)

健太郎とオンオフで付き合っているフリーライター。両親に早く結婚しろと言われているが、結婚や出産に対しては消極的。

桧山の母親(筒井真理子)

健太郎を女手ひとつで育てたシングルマザー。子育てを一人でした経験から、健太郎の妊娠にショックを受けよく考えるように諭す。

宮地(宇野祥平)

健太郎と知り合う妊夫で花屋のオーナー。同じ妊夫仲間として健太郎と意気投合し、妊夫が暮らしやすい社会にしようと二人で行動を起こす。

ある男性(リリー・フランキー)

健太郎の前に突然現れる男性。一緒にビジネスをしようと持ち掛けるが、あまり信用のならない人物。

 

『ヒヤマケンタロウの妊娠』見どころ

イッキ見してしまう社会派コメディ

出典:https://natalie.mu/

観だしたらイッキ見してしまう、超おもしろい社会派コメディです。

健太郎の妊娠発覚までの展開はかなりコメディ色が強くて笑えますが、その後はさまざまなメッセージを込めたシリアスな展開になっていきます。

男性が妊娠するのは気持ち悪い、男らしくないという偏見や、男女の生き方やキャリアの断絶など日本社会が抱える問題を切り取って見応えたっぷり。

男女の立場を逆転させることで新たなものが見えてくる視点がおもしろく、設定は奇想天外ですがかなりリアリティのある物語に仕上がっています。

リスクのない妊娠などないと、妊娠がどれだけ命がけで大変なことか描かれているのもよかったです。

妊娠を通して成長する健太郎

出典:https://www.cinemacafe.net/

キャリアが順調なハイスペック男子の健太郎が、突然の妊娠に翻弄されていく姿に共感しまくり。

妊娠を通して体の変化、女性の気持ち、妊娠・出産することの大変さ、女性の社会的立場といったものを理解していくことになります。

亜希の無神経な言葉に激怒する健太郎は、もうすっかり気持ちは女!妊娠を通して今までの自分についても見つめ直し、これからの生き方や自分らしさを考えていく過程が興味深い。

妊娠の経験を活かして男性妊夫がより暮らしやすい社会にしようと行動するなど、人間的に成長していく姿が素敵です。

その人らしさとは?

本作の軸になっているのが「その人らしさ」。女性らしさ、男性らしさ、母親らしさ、父親らしさとは?

女性だから、男性だからという枠でひとくくりにすることで、その人らしさを奪ってしまっているのでは?と思ってしまいます。

性別に関係なく妊娠できるとしたら、男女の役割という境界線がなくなるのではと考えさせられ、それだけ社会では男女はこうあるべきという強い固定観念にとらわれていることに気付かされます。

何かをひとくくりしようとする凝り固まった価値観は、まさに日本社会の縮図のよう。

健太郎の言う「人生は思いがけないことが起こる、それにどう対処するかがその人らしさ。」というセリフが胸に響きます。

斎藤工×上野樹里

出典:https://be-love.jp/

主役の桧山健太郎を演じる斎藤工がすごくよかった!前半のコメディ演技も上手いし、妊娠を通して成長していく過程をリアリティを持って演じてまさにハマり役。

つわり演技が超リアルで、妊娠による体の変化のつらさをすごく上手に演じていました。

男性が妊娠するという奇想天外なストーリーをファンタジーで終わらせない、説得力のある演技が素晴らしかったです。

健太郎を支える亜季役の上野樹里の演技も光っていて、男女の立場が逆転した複雑な心境をナチュラルに演じていたのが印象的でした。


『ヒヤマケンタロウの妊娠』のネット上での評判は?

『ヒヤマケンタロウの妊娠』まとめ

めちゃくちゃおもしろくてイッキ観してしまいました。当ブログは海外ドラマ中心ですが、普段国内ドラマは観ないという海外ドラマファンにもぜひ観て欲しい超おすすめドラマです。

観た後にいろいろなことを考えさせられますが、1話25分×全8話でサクッと観られて絶対楽しめると思います。

筆者も海外ドラマばかり観ているので、国内ドラマもおもしろい!と新鮮な気持ちになれました。おすすめです!