『ベター・コール・ソウル』シーズン6第6話:ソウルとキムの作戦決行日に問題が勃発、黒い手帳が示唆する未来は?

出典:https://gamerant.com/

ついにファイナルシーズンに突入した『ベター・コール・ソウル』。大ヒット作『ブレイキング・バッド』の前日譚ドラマは、シーズンを重ねるごとに本家へと近づいていくのも見どころです。シーズン6はNetflixにて毎週火曜日に配信されます。第6話のあらすじや見どころを早速チェック!(エピソードの解説などネタバレを含むので、視聴されてから読むことをおすすめします。)



『ベター・コール・ソウル』シーズン6第6話あらすじ

ハワードが雇った探偵が、ソウルが約2万ドルの現金を引き出していることを報告する。キムとソウルは裏社会に通じるカルデラ獣医のところへ行き、ハワードを陥れるための違法薬物を手に入れる。

クリフがキムの裁判を傍聴するため訪れ、ジャクソン・マーサー基金の弁護士に推薦したいと言われてキムは驚く。

キムとソウルはサンドパイパーの調停人カシミロと似ている人物を雇い、ジミーと一緒に写った偽物の写真を作る撮影をする。

ラロはヴェルナーの元同僚のキャスパーから、ガスが何を建設しているのかを聞き出そうと脅す。

ソウルは秘書のフランチェスカに頼みHHMに電話をかけ、サンドパイパーの調停会議に入るために必要なパスコードを入手する。

キムのジャクソン・マーサー基金の面接の日が、ソウルとキムのハワード作戦の決行日と重なってしまう。

『ベター・コール・ソウル』シーズン6第5話のレビューはこちらをチェック↓

『ベター・コール・ソウル』シーズン6第6話の見どころ&解説(※ネタバレを含みます)

カルデラ獣医

キムとソウルが裏社会に通じるカルデラ獣医の元へ訪れ、ソウルが違法薬物を投与してその効果を実際に体験します。

第6話ではこの薬物を何に使うかは明らかにされていませんが、使用目的はハワードを陥れるためと思われます。

カルデラ獣医がソウルに「体格は君くらい?」と聞いているので、これは大方ハワードのこと。

ソウルが鏡を見ると瞳孔は大きく開いており、サンドパイパーの重要な調停会議でハワードに薬物を飲ませて挙動不審にさせ信用を失わせる作戦と思われます。

サンドパイパーの調停で騒ぎを起こせばハワードの信用を落とし、事件を早期解決させ示談金を速やかに支払わせる方向へと持っていけるというわけです。

そうはいっても人によって効果に差がある可能性もあるし、ハワードの方がソウルより筋肉質で頑丈な体格のため思ったような効果があるのか?と少々疑問点も…。キムとソウルの作戦は結構ツッコミどころが多いですよね。

カシミロの偽物写真

筆者はカシミロに似ている人を雇って写真撮影をし、エピソードのラストで本物のカシミロが腕を骨折しているのを知ってソウルが大慌てするシーンの意味がよく分らず(笑)、これまた米サイトSCREENRANTの解説にお世話になったのでこちらで紹介します。

キムは前回元同僚ヴィオラと会い、サンドパイパーの調停人がランド・カシミロという元裁判官であることを突きとめました。

カシミロに似ている俳優を雇い撮影スタッフがソウルと偽のカシミロが一緒の証拠写真を撮影し、訴訟で中立の立場である調停人のカシミロが訴訟を起こした弁護士のソウルと関わるべきでないという状況を作るのが目的。

カシミロが不正行為で調停人を降りることになれば、クリフ・メインはサンドパイパーをその場で和解させるしかなくなるという作戦です。

そのため本物のカシミロが腕を骨折してギブスをはめているとなれば、ソウルが作った写真で偽物のカシミロはギブスをはめていないためすぐに偽物とバレて大惨事になるところだった、という解説でした。

ベスト・クオリティ・掃除機

ハワードを陥れるためにカルデラ獣医の元を訪れたソウルとキムは、カルデラが引退するため黒い手帳を売りたいと言い手帳を見せてもらいます。

この黒い手帳に挟まれていた一枚の名刺が「ベスト・クオリティ・掃除機」で、『ブレイキング・バッド』や『エル・カミーノ』で登場したエド・ガルブレイスが営む掃除機店です。

新たに『ブレイキング・バッド』への接点が登場し、ますます本家へと近づいてきました!掃除機店は表向きはただのショップですが、エドはヤバいことに関わった人たちの身元を変え新しい名前と人生を与える人物。

ウォルター・ホワイトとジェシー・ピンクマンもエドのサービスを利用しており、ソウル自身もエドにお世話になるとはこの時点では想像すらしていないはず。

このシーンはソウルとエドがどうやって出会ったかという『ブレイキング・バッド』の疑問の答えにもなっていて、ソウルは『ブレイキング・バッド』でエド・ガルブレイスを紹介する役回りでもあります。

エドを演じるロバート・フォスターは2019年に亡くなったためドラマに登場することはできませんが、ソウルとエドがカルデラの黒い手帳を通じて知り合ったことが第6話で確認できます。

黒い手帳はシーズン6第1話の冒頭の成金趣味の豪邸で見つかっており、段ボールに無造作に放り込まれるシーンで登場しています。

ということはやっぱりあの家は、ソウルの家ということなのでしょうか?いずれにしてもソウルがカルデラから、黒い手帳と裏稼業を引き継ぐことになったと思われます。

ソウルがエドの手引きでオマハに流れ着き、悲しい末路を迎えることになるのはこの黒い手帳がきっかけだったことが今回のエピソードで明らかになりました。


ハワード・ハムリン死亡説

アメリカではハワードがやはり死んでしまうという死亡説が根強く、米サイトSCREENRANTではハワード死亡説について次のように解説しています。

ハワードはソウルの動きを追うために私立探偵を雇いますが、この時点でハワードは大きく足を踏み外してしまったというもの。

ハワードはソウルのことをチャックのダメな弟のスリッピン・ジミーだと見くびっていますが、これが大きな命取りになる可能性が…。

ハワードはソウルがラロ・サラマンカの代理人であることを知っているかもしれないものの、ソウルが700万ドルの現金の入ったバッグを持って砂漠を歩き、DEAの最重要指名手配犯の策略に巻き込まれたことなど一切知りません。

カルテルの深みにはまっている事実を知らず、ソウルをただの小悪党弁護士だとかいかぶっている時点で足元をすくわれる可能性があるということ。

『ブレイキング・バッド』でウォルター・ホワイトが麻薬王ハイゼンベルクの仮面をかぶっていたように、ジミー・マッギルはカルテルの弁護士ソウル・グッドマンの仮面をかぶっています。

ハワードは自分がスリッピング・ジミーを狙っていると思っていますが、実際はカルテルの弁護士ソウル・グッドマンを狙っているという事実に全く気付いていません。

それは限りなく大きな危険をもたらし、ジミー・マクギルの秘密を探るために探偵を雇ったハワードは、自分には到底対応できない世界に首を突っ込むことになります。

この世界では準備不足の人が生きて帰ることはまずない…、という解釈でした。

SCREENRANTは今までモチーフカラーにこだわっていたのに、ハワードがボクシングマッチで着ていた青色のタンクトップのことは一切触れていないという(笑)。

筆者はあの青色のタンクトップ=死のモチーフカラーで、ハワードが死ぬんじゃ…?と思ったのですが今回の解釈の方が明らかに的を得ていますよね。

キムがソウルに事実を言わないワケは?


キムはラロ・サラマンカが健在であることを知っているにも関らず、ソウルに事実を伝えていません。その理由の解説もSCREENRANTから紹介します。

キムがソウルに本当のことを言わない理由は、ソウルはキムより精神的に弱いため不安を与えないように事実を隠し重荷を自分で背負うことを決意しているから。

ジミーに嘘をつくことはキムの『ベター・コール・ソウル』での結末に影響し、『ブレイキング・バッド』に登場しない理由にもなるというもの。

ソウルを巻き込むのではなく自分でラロの問題に取り組むことを選んだキムは、サラマンカの宿敵に一人で対処することになり、自分の命を犠牲にしてソウルを助けるという悲劇に至る可能性もあります。

キムはソウルを守るために嘘をつき、それが雪だるま式に増えていき自分の手で問題を解決し続けるかもしれません。

キムの行動はソウルを守りたいという欲求に突き動かされているため、キムがカルテルの陰謀に巻き込まれたり、ラロや他の危険な人物に立ち向かい命を落とす可能性があるというもの。

やっぱりキムは死んでしまうのでしょうか?キムが最初の「ベスト・クオリティ・掃除機」の利用者になって姿をくらます…、という展開も在りかも⁉

前半パートのラストはすごいクリフハンガーに⁉

日本では5月24日の配信が、シーズン6前半パートの最終話になります。

ラロ・サラマンカ役の俳優のトニー・ダルトンが、シーズン6の前半パートの最終話は衝撃的であっと言わせるクリフハンガーで終わると語っています。

最終話は “誰もが口を開けたまま “になる衝撃的なクリフハンガーで終わると示唆し、脚本を読んだときの個人的な反応も語っており文字通り飛び上がるようなものだったとのこと。

クリエイター兼ショーランナーのピーター・グールドも同様のコメントを出しており、ものすごく大きなクリフハンガーと、後半パートの初回放送を待つ視聴者にとっては「苦痛な数週間」になると予告しています。

最終話を前にそんなことを言われたら、もう観る前からドキドキしてしまいますよね。


シーズン6後半パートの配信はいつ?

アメリカではシーズン6の後半パートは、7月11日に配信されます。前半パートが全米で4月18日に配信され、日本は翌日の19日の配信でした。

日本での配信日は明らかになっていませんが、後半パートも全米配信日から間をあけずに観られるのではないでしょうか。

いよいよフィナーレを迎えることになり、どういうラストになるのか今から待ちきれませんね♪日本での配信日が分かり次第、報告したいと思います。

シーズン6のネット上での評判は?

シーズン6第6話を視聴した感想

第6話はガス役のジャンカルロ・エスポジートの、記念すべき初監督エピソードでした。『ベター・コール・ソウル』は見れば見るほど、奥が深くておもしろい!

思わずうなってしまう展開が多く、『ブレイキング・バッド』への伏線も増えて毎回細かいところまで見逃せないですね。来週はいよいよ前半パートの最終話なので、どんなクリフハンガーが待っているのか楽しみです!

 

参照記事:
Better Call Saul Season 6, Episode 5 Supports Howard Hamlin Death Theories
Better Call Saul: Why Kim Lies To Jimmy About Lalo’s Death
Better Call Saul: Everything We Know About Jimmy & Kim’s Casimiro Plan