『Love、ヴィクター』シーズン3 ファイナル・シーズンも胸キュンがいっぱい!ヴィクターが選ぶ相手は誰なのか⁉

出典:https://readysteadycut.com/

Disneyプラスで配信中の、映画『Love, サイモン 17歳の告白』のスピンオフ・ドラマ。思春期真っただ中に自分のセクシャリティに悩む、ヴィクターの恋と友情を描いたとっても素敵な青春ドラマ♪シーズン3のキャストや見どころなどを、ネタバレなしでチェック!(シーズン3のネタバレはありませんが、これまでのシーズンのネタバレを多少含むのでまだ視聴されていない方はご注意を。)



『Love、ヴィクター』シーズン3あらすじ

ミアは父親の西海岸への転勤に反対で、長い間会っていない母親に一緒に暮らせないか話すため訪ねに行く。

ベンジは本格的に飲酒問題に向き合うため、リハビリ施設に入ることになる。

イザベラは教会で知り合った夫婦の息子ニックがゲイだと知り、ヴィクターに紹介しようと夕食に招く。フェリックスはピラールと順調に交際するが、過保護な父親アルマンドにバレないよう秘密で付き合っていた。

ヴィクターはニックと親しくなるが、ベンジーへの想いを断ち切れない。ヴィクターはバスケットチームのコーチから勇敢賞を授与すると言われ、表彰式でスピーチをすることになる。

シーズン2のキャスト&レビューはこちらをチェック↓

『Love、ヴィクター』シーズン3を視聴した感想

シーズン3も胸キュンがいっぱいでおもしろかったです。シーズン2のラストでは、ヴィクターがベンジとラヒムのどちらの家に行ったのか分からないクリフハンガーで終わったので、最初からドキドキの展開でした。

ティーン・グループの間で相手をとっかえひっかえと、もう人間関係が入り乱れて大変なことになっていましたね(笑)。好きだわー、こういう人間関係のもつれ。

ただシーズン1&2で描かれたヴィクターと母親イザベラの確執がなくなり、アンドリューもいい人になり過ぎて少し悪役っぽい役回りの人が減ったのが物足りなかった印象です。

それでも全体的にすごく楽しめたし、胸キュンの青春ドラマはやっぱり楽しい♪青春ものですが親世代のストーリーもしっかり描かれているので、幅広い年齢層で楽しめるおすすめドラマです。


『Love、ヴィクター』シーズン3の新キャスト

ニック(ニコ・グリーサム)

イザベラが教会で知り合った夫婦の息子でゲイ。ヴィクターのことを気に入り会うようになるが、求めるものが違い二人の間で温度差が生じる。

 

『Love、ヴィクター』シーズン3見どころ

入り乱れる人間関係

本作は1話30分全8話と短いのですが、こんなに短い時間によくこれだけの人間関係を詰め込んだな、と感心してしまうくらい人間関係が入り乱れます。

恋人と別れてもすぐに次の相手が現れるから羨ましいですが、その分嫉妬、勘違い、迷いが生じ、悩んで後戻りしたり迷走したりと遠回りしてしまうことに。

しかもみんなアポなし訪問し過ぎで、連絡せずにいきなり行くから見たくないもの見ちゃうんじゃないの!とツッコミたくなります。

アポなし訪問=ドラマチックな展開ということでいいのでしょうか。ヴィクターとベンジの関係もくっついたり離れたりの繰り返しで、ヤキモキさせられっぱなしです。

ヴィクター&フィリックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Turpel(@anthony_turpel)がシェアした投稿

みんなの恋愛関係はもつれるものの、ヴィクターとフィリックスの友情は全シーズンを通して確固たる絆で結ばれています。

二人の名前を合わせて「ヴィリックス」と名付けるほどの仲良しで、ヴィクターが一番にゲイだとカミングアウトするのもフィリックスでした。

いつも自分の味方になってくれ何でも話せる親友は、ティーンの時期には欠かせない存在。

特にヴィクターはゲイというアイデンティティに悩み、フィリックスは母親がうつ病という辛い環境のため何でも話せる親友は心強い存在です。

羨ましくなるくらいの二人の友情は、本作の見どころでのひとつになっています。

ヴィクターの両親

シーズン1&2ではヴィクターと母親イザベラとの確執が描かれましたが、イザベラはやっとヴィクターがゲイという事実を受け入れます。

ヴィクターのカミングアウトと共に、両親の成長が描かれて親世代は共感してしまうこと間違いなし。シーズン3では娘のピラールを心配する、父親アルマンドとの確執が描かれているのもおもしろい。

ミアの父親やレイクの母親は放任主義でこれでいいの?と心配になりますが、ヴィクターの両親を見ているとホッとした気持になります。

他の親に比べると少々厳しいかもしれませんが、個人的にはヴィクターの両親の教育方針と子育てを見ると安心してしまいます。

ヴィクターの成長

ヴィクターは新しい街に引っ越してきて自分のセクシャリティを探求し、ゲイであることをカミングアウトします。

最初は悩んで先輩のサイモンにテキストで相談ばかりしてましたが、シーズン3ではグッと成長し自分がサイモンのように頼れる存在へと変化していく成長ぶりを見せてくれます。

ヴィクターの表彰式でのスピーチが泣かせて、息子があんなスピーチをしたらもう号泣ものです。ヴィクターの成長を観ていると、自分を受け入れることの大切さを教えてもらっているように感じます。


『Love、ヴィクター』のネット上での評判は?

『Love、ヴィクター』シーズン3まとめ

シーズン3もすごくおもしろくて楽しめました!本作はお気に入りのドラマのひとつで、LGBTQという枠にとらわれず多くの方に観てほしい秀作ドラマです。

青春ドラマが好きな方はもちろん、おもしろい海外ドラマを観たいと言う方にもぜひおすすめ!

1話30分全8話と短いので、サクッと観られるのも魅力です。Disneyプラスに加入されている方はぜひチェックしてみてください♪