Amazonドラマ『ターミナルリスト』愛する者の復讐のため、孤独な男が巨大な陰謀に立ち向かう!

出典:https://www.vitalthrills.com/

ジャック・カーの小説をドラマ化した、クリス・プラット主演のAmazonプライム製作の大作ドラマ。派手なアクション満載の本作のキャストや見どころなどを、ネタバレなしでレビューします!



『ターミナルリスト』あらすじ

海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)のジェームズ・リース少佐は、「オーディンの剣」作戦で小隊のメンバー全員を亡くしてしまう。

帰還後ジェームズは頭痛と記憶障害を患い、事件のフラッシュバックに悩まされる。自分のリーダーシップと過失に疑問を抱き始めたジェームズは調査を進めるうちに、事件には陰謀が隠されていることに気づく。

ジェームズは記者のケイティ・ブラニクから情報を引き出し、友人のベンとリズに協力を頼み仲間と家族のために復讐計画を実行に移す。

キャップストーン社とニューべラム製薬会社が「オーディンの剣」作戦に関与することを突き止め、さらなる大きな陰謀が背後にあることを知る。

『ターミナルリスト』を視聴した感想

久しぶりのAmazonプライムの大作ドラマなのでかなり期待していたのですが、結構普通の印象でした。

特にストーリーにひねりもなく規定路線といった印象で、黒幕も思った通りとグイグイと引き込む何かが足りなかった印象です。

Amazonプライムの大作アクション・ドラマなら『CIA分析官ジャック・ライアン』『ジャック・リーチャー ~正義のアウトロー~』の方が絶対おもしろかったです、あくまで個人的な意見ですが…。

派手なアクションの連続なので、アクション好きな方やクリス・プラットのファンの方にはおすすめ。

ひとつよかったのがジェームズと記者のケイティの設定で、持ちつ持たれつの関係ながら完全に味方でも敵でもない微妙なラインの描き方がおもしろかったです。


『ターミナルリスト』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『ターミナルリスト』はAmazonオリジナル・ドラマのため、視聴できるのはAmazonプライムビデオのみになっています。Amazonプライム・ビデオは30日間の無料お試し期間があり、『ターミナルリスト』は全8話と短いためお試し期間中に視聴可能です!

Amazonプライム:月額料金500円と低価格!

・30日間の無料お試し期間
・月額料金500円と低価格
・Amazonオリジナル・ドラマが豊富
・送料無料やお急ぎ便の利用が可能

月額たった500円とワンコインで動画配信サービスを利用でき、クオリティの高いAmazonオリジナル・ドラマが豊富!送料無料やお急ぎ便の利用が可能が可能で、Amazonでよく買い物をする方にもおすすめ。30日間の無料お試し期間中に解約すると、一切料金はかかりません。

30日間無料お試しでAmazonプライム・ビデオを体験する >>

『ターミナルリスト』キャスト

ジェームズ・リース(クリス・プラット)

ネイビーシールズの少佐。「オーディンの剣」作戦で部下を失い、帰還後は頭痛と記憶障害に悩まされる。作戦時の記憶が曖昧ながら何かがおかしいと自ら調査に乗り出し、仲間と家族の復讐を果たす計画を実行に移す。

ベン・エドワーズ(テイラー・キッチュ)

元ネイビーシールズでジェームズの元同僚。ジェームズの復讐に協力し、危ない橋を渡ってでも助けるよき友人。

ケイティ・ブラニク(コンスタンス・ウー)

「オーディンの剣」作戦について調べる記者。ジェームズに接触しお互い情報提供するうちに、事件に巻き込まれていく。

ハートリー長官(ジェーン・トリプルホーン)

国防省長官で、ジェームズを個人的に知っている。軍の帰還兵のPTSDを改善しようと、政府の予算を組みなおす。

ローレン・リース(ライリー・キーオ)

ジェームズの妻で、二人の間には一人娘のルーシーがいる。ジェームズの身を案じ、家族のためにも遠征はしてほしくないと願っている。

リズ・ライリー(タイナー・ラッシング)

元ネイビーシールズでジェームズの友人。現在は飛行機のパイロットで、ジェームズの復讐に協力する。

トニー・レイウン(JD・パルド)

ジェームズを追うFBI捜査官。ジェームズの復讐に共感はしないものの、彼のことを悪人ではないと心のどこかで思っている。

スティーブ・ホーン(ジェイ・コートニー)

キャップストーン社のCEOで、ニューべラム製薬会社の株主。製薬会社で扱う薬が、軍と政府と関係している。

 

『ターミナルリスト』見どころ

ジェームズの症状

 

この投稿をInstagramで見る

 

Prime Video(@primevideo)がシェアした投稿

「オーディンの剣」作戦で多くの部下を失い1人生き残ったジェームズは、自責の念にかられ帰国します。

帰国後は頭痛と記憶障害に悩まされ、作戦中の記憶や帰国後に自分の周りで起こる出来事の時系列に誤差が生じることに。

何かがおかしいと調査を開始したジェームズに、さらなる試練が降りかかり精神はギリギリ状態。ジェームズの体に起こる症状が事件に大きく関係し、陰謀を暴く重要なキーポイントとなります。

ジェームズのターミナルリスト

「オーディンの剣」作戦とアメリカ帰国後に降りかかる試練が、ジェームズを凄まじい復讐劇へと駆り立てます。

現場では友人のベンとリズに助けてもらうものの、ほぼ1人で武器の調達、爆弾作り、ミシンで縫い物までして復讐計画の準備に没頭する姿はまさに復讐の鬼。復讐計画は壮絶なアクションの連続で、思わず目を背けてしまうかなりエグいシーンも登場します。

ジェームズは愛娘が描いた絵の裏に、復讐したい人物の名前を書いて「ターミナルリスト」を作成。真相がわかるたびにリストの名前が増えていきますが、復讐が終わるごとに名前が消されていきます。

ものすごい人数が殺害されていき個人の復讐でここまでやっていいのかと不思議な気持ちになりますが、そこはアクション大作ということで、派手なアクション・シーンを堪能したもの勝ちかもしれません。

軍の抱える問題

戦争や軍の作戦に参加した兵士達のPTSDや自殺は、軍の抱える大きな問題です。こういった問題をメイン・テーマに持ってくるドラマは意外に少なく、ドラマの内容からいかに大きな問題であるかが分かります。

兵士の抱える問題を解決しようとした計画が新たな問題を生み出し、それを利用して金儲けしようとする大きな陰謀をジェームズが復讐と同時に暴いていきます。

ジェームズ&ケイティ


本作で一番よかったのが、ジェームズと記者のケイティの関係。利害関係が一致しているとはいえ、完全に味方でもなく敵でもなく持ちつ持たれつの微妙なラインをキープしているのがおもしろかった。

ケイティがアジア系なのも珍しく、意外な配役がツボにハマっています。お互いすごい信頼関係で結ばれているわけでも強い絆があるわけでもないのに、奥底ではこいつは裏切らないだろうという何か確信のようなものがお互いにあります。

ジェームズは愛する者のための復讐、ケイティは真実を暴いて記事にするという強い信念があるところが同じ。

その他にFBI捜査官のレイウンとジェームズの関係が、少し『ダイハード』のジョン・マクレーンとパウエル捜査官を彷彿とさせました。

無線でやり取りするだけなのにどこかお互い通じてるところがあり、ラストのレイウンの行動が彼の気持ちを代弁しているかのようです。


『ターミナルリスト』のネット上での評判は?

『ターミナルリスト』まとめ

期待していたよりは規定路線で多少がっかりしたものの、王道アクション・ドラマとしては十分に楽しめます。

派手なアクションが好きな方や、クリス・プラットのファンの方におすすめです。Amazonプライムに加入されている方は、ぜひチェックしてみてください。