『ザ・ボーイズ』シーズン3 第8話:シーズン最終話!ボーイズ達はホームランダーを倒すことができるのか⁉

出典:https://www.cbr.com/

待ちに待ったシーズン3がついに配信開始!さらに過激になって戻ってきたザ・ボーイズから目が離せません。第1〜3話が初週に配信され、第4話以降は毎週金曜日に配信されます。毎週各話のあらすじや見どころをレビューしていきます♪(第8話のネタバレはありませんが、これまでのエピソードの考察や解釈などネタバレを含むためご注意を。)



『ザ・ボーイズ』シーズン3概要

製作・配給:Amazon
配信日:2022年6月3日
ジャンル:ヒーロー、SF、アクション、ヒューマン・ドラマ
製作国:アメリカ
話数:全8話、1話約60分
日本語吹き替え:あり

『ザ・ボーイズ』シーズン3 第8話あらすじ

ホームランダーはライアンの居場所を見つけ、迎えに行く。クイーン・メイヴの監禁を認めたホームランダーを糾弾する#Me too運動が起こり、マロリーとディープの判断でクイーン・メイヴを別の場所へ移送する。

娘のことで悩むマザーミルクに、フレンチーは心からのアドバイスをして二人は本音トークする。ブッチャーとソルジャー・ボーイはお互いの父親について話し、ソルジャー・ボーイの父親との関係が明らかになる。

ブッチャー、ヒューイ、ソルジャー・ボーイはホームランダーを倒すためヴォート社襲撃の計画を立て、マザーミルクとフレンチー達も計画を知りヴォート社へ向かう。

シーズン3第7話のレビューはこちらをチェック↓

『ザ・ボーイズ』シーズン3評価

ROTTEN TOMATOES:批評家スコア93% 視聴者スコア83%
IMDb:8.7(10点中)
おすすめ度:★★★★★
ストーリー:★★★★★
エンタメ性:★★★★★
感動:★★★☆☆

『ザ・ボーイズ』を無料視聴できる動画配信サービスは?

『ザ・ボーイズ』はAmazonオリジナル・ドラマのため、視聴できるのはAmazonプライムビデオのみになっています。Amazonプライム・ビデオは30日間の無料お試し期間があり、お試し期間中に視聴可能です!

Amazonプライム:月額料金600円と低価格!

・30日間の無料お試し期間
・月額料金600円と低価格(2023年8月24日よりプライム月額料金が600円に改定されます。)
・Amazonオリジナル・ドラマが豊富
・送料無料やお急ぎ便の利用が可能

月額たった600円で動画配信サービスを利用でき、クオリティの高いAmazonオリジナル・ドラマが豊富!送料無料やお急ぎ便の利用が可能が可能で、Amazonでよく買い物をする方にもおすすめ。30日間の無料お試し期間中に解約すると、一切料金はかかりません。

30日間無料お試しで『ザ・ボーイズ』を視聴する >>

『ザ・ボーイズ』シーズン3 第8話 見どころ・解説・考察

男たちのトラウマ合戦

第8話ではソルジャー・ボーイとブッチャーが、自分の父親について話すシーンが登場。この二人がこういう深い話をするのも意外でしたが、ソルジャー・ボーイと父親の話が興味深く、ソルジャー・ボーイがヴォート社のヒーローになった秘話が明かされます

ブッチャー、ソルジャー・ボーイ、ホームランダーの3人は、父親への愛に飢えているトラウマ男達。

まさにシーズン・ラストの対決はトラウマのなせる業で、ソルジャー・ボーイと父親の関係がここで大きな意味を持つことになります。

そこへさらに複雑な生い立ちを持つライアンが絡んでくるという、ストーリーの持って行き方が本当にうまい!

マザーミルク&フレンチー

同じボーイズのメンバーで腐れ縁ながら、マザーミルクとフレンチーは犬猿の仲でしょっちゅう喧嘩する間柄でした。

マザーミルクは娘の目の前で義父を殴ってしまったことに悩み、フレンチーはマザーミルクを想い心からのアドバイスをします。

まさに二人のわだかまりが解けていく瞬間で、第8話で一番ほっとするシーンかもしれません。その後お互いすぐに減らず口を叩くところがまたいいんですよね。

第8話ではブッチャー&ヒューイ、スターライト&クイーン・メイヴの関係にも、さらに踏み込んでいます。

母親と確執のあるスターライトがクイーン・メイヴと築く関係、弟の自殺がトラウマになっているブッチャーとヒューイの関係を、実の家族の関係と対比させて描いています。

『ザ・ボーイズ』はアクションだけでなく、人間ドラマも胸アツなのが最高です♪

ブッチャーの運命は?

前回はV24の恐ろしい副作用が判明しましたが、ホームランダーを倒すためにブッチャーは限界ギリギリになっても使用を辞めません。

さすがにシーズン4でV24は使わないと思いますが、副作用がこれから体にどう影響を与えるのか気になります。

シーズン3では精神的にも肉体的にもギリギリ状態だったブッチャーですが、ヒューイとの関係で弟レニーのトラウマが多少改善されたような印象です。

ブッチャーにこれから待ち受ける運命が不憫なものなのか、それともハッピーエンドなのか…、シーズン4の展開はどうなるのでしょうか。

本当のヒーローとは?

『ザ・ボーイズ』ではさまざまなヒーローが登場しますが、ヴォート社のヒーロー達は名ばかりで、市民を巻き添えにして私利私欲に走るクズばかり。

ヒーローがいない方が世の中良くなるのでは?と言えるような状況のなか、本当のヒーローとは何なのか?と疑問が浮上します。

いい父親のもとで育ったヒューイとマザーミルクの父親との関係が、その答えとして語られるのが印象的です。


シーズン4で答えてほしい9つの疑問点

シーズン4で答えてほしい「シーズン4でブッチャーは死ぬのか?助かる方法は?」「ライアンがシーズン4の悪役に?」など、9つの疑問点をピックアップして紹介しています。(シーズン3のネタバレを含むため、視聴してから読むことをお勧めします。)

シーズン3で知っておきたいトリビアまとめ(※ネタバレを含むため要注意)

シーズン3について知っておくとさらにおもしろくなるトリビアを、米サイトSCREENRANTから紹介します!長文になりますがお付き合いください♪

ホームランダーとソルジャー・ボーイの関係を解説

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jack Quaid(@jack_quaid)がシェアした投稿

第7話ではホームランダーとソルジャー・ボーイの間に、大きなつながりがあることが確認されました。

ソルジャー・ボーイがホームランダーの父親であるという衝撃的な事実が明らかになり、ファンの間ではスターウォーズでダースベイダーがルーク・スカイウォーカーの父親だと分かったときのような衝撃を受けたという声もありました。

二人とも国民的人気のスーパーヒーローチームを率い、そのチームの女性と恋に落ち、その女性に裏切られるという不思議な共通点があるのもおもしろい。

第7話でホームランダー誕生について説明され、フォーゲルバウムが遺伝学の実験に使うという面目でソルジャー・ボーイの精子をホームランダー誕生のために使用したという事実が明らかになりました。

受胎から誕生までの期間を1980年秋から1981年春としていますが、これはホームランダーが普通の赤ん坊と同じく9ヶ月間の妊娠期間を経て誕生したことを意味します。

そうなるとホームランダーには、秘密の実の母親がいる可能性が出てくることに。ホームランダー役のアントニー・スターはジェンセン・アクレスより少し年上であることを考えると、この親子関係はビジュアル的に少しずれているようにも感じます。

ストームフロントと同様にソルジャー・ボーイは年を取らないヒーローで、両者とも大人になってからコンパウンドVを注射されたため、その時の年齢で体が止まっているとも言えます。

ホームランダーは生まれた時からコンパウンドVを持っていたため、年の取り方に違いが出ているのかもしれません。

父と息子がそれぞれスーパーヒーローになった経緯が異なるため、傍目には兄弟のように見えるという状況になっています。

ヴォート社がホームランダーを作った理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Boys(@theboystv)がシェアした投稿

これまでは1984年にソルジャー・ボーイが謎の失踪を遂げたのは、ペイバックのせいだと観客に思わせていました。

ブラック・ノワールのフラッシュバックで、ヴォート社はソルジャー・ボーイの精子サンプルを使い、自分たちがスーパーヒーローをアップグレードすることで、彼の失脚を積極的に画策していたことが分かります。

ヴォート社がソルジャー・ボーイの退役を決めたのは、スタン・エドガーが新進気鋭の経営者として台頭してきた時期と重なっているようで、これは偶然の一致ではないと思われます。

1984年から現在に至るまで、エドガーの包括的な目標は常にスーパーヒーローを米軍に送り込むことであり、未来のCEOはソルジャー・ボーイはその目的に適さないと判断したのかもしれません。

ソルジャー・ボーイの第二次世界大戦の経歴はまったくの嘘であったばかりか、ニカラグアではソルジャー・ボーイが初めて経験する本物の戦場で大敗を喫しています。

あるいはエドガーはソルジャー・ボーイの乱暴な振る舞いを問題視し、生まれた時から研究所で育てられた子供の方がコントロールしやすいと考えたのかもしれません。

結果的にそれは間違いだったことは、現在のホームランダーを見ると明らかですが…。

ソルジャーボーイのDNAは最終的にホームランダー誕生に使用され、ソルジャーボーイの強さと回復力をそのままに、レーザーアイ、超聴覚、X線透視、飛行を可能にしたのです。

ソルジャー・ボーイをヴォート社の将来の事業拡大にふさわしくないと判断し、ホームランダーを作ったのはスタン・エドガー自身であると推測でき、ホームランダーがエドガー失脚の引き金となることを考えると何とも皮肉です。


ホームランダーの母親は〇〇説

第7話ではホームランダーの父親がソルジャー・ボーイであることが判明し、ファンを驚愕させました。そうなると気になるのが、ホームランダーの母親は誰かということ。

ストームフロントが、彼の母親かもしれないという新説がファンの間で広がっているのだとか。ストームフロントは彼に対抗できる数少ないスーパーヒーローの一人として、シーズン2で登場しました。

ストームフロントはコンパウンドVの実験に成功した最初の人間であり、史上初の超能力を持つヒーローでおそらく最古のスーパーヒーローです。

亡くなったナチスの夫(ヴォート社の創業者フレデリック・ヴォート)と同様に、ストームフロントは激しい人種差別主義者でアーリア人の理想を体現していたこともあり、ホームランダーに引き寄せられました。

二人は肉体関係を持ったうえ、ホームランダーの息子ライアンがストームフロントを黒焦げにしてしまったため、もし二人が親子であればかなり皮肉な展開であると言えます。

ソルジャー・ボーイとストームフロントは60年代と70年代に活躍したスーパースターで、ストームフロントは当時「リバティ」と名乗っていました。

第6話で登場するヒーロー達の乱交パーティー「ヒーローガズム」は、ソルジャー・ボーイがリバティと創設したと説明しています。

ソルジャー・ボーイはリバティを「奔放な女だった」とコメントし、ヒューイがいぶかしげな表情になっていました。

ソルジャー・ボーイ本人がストームフロントの接点を認めており、原作コミックではホームランダーはストームフロントのクローンであるという衝撃的な接点を持っています。

ホームランダーの母親がストームフロントだとしたら、これ以上にない展開になると言えるのではないでしょうか。

参照記事:Homelander’s Soldier Boy Twist Fully Explained

『ザ・ボーイズ』シーズン3のネット上での評判は?

『ザ・ボーイズ』シーズン3 第8話を視聴した感想

シーズン3最終話もぶっちぎりでおもしろかった!めちゃくちゃ続きが気になる展開で、ラストからするとシーズン4はさらに過激になって大波乱が起こりそうな予感。

途中で中だるみすることなく、過激さとテンションをキープし続けて本当にすごい!シーズン4が楽しみで仕方ありません♪

30日間無料お試しでAmazonプライム・ビデオを体験する >>

 

 

 

 

スポンサーリンク
海外ドラマAmazon Prime
DraMagazineをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
DraMagazine