Netflixドラマ『私の”初めて”日記』シーズン2 まさかのモテ期到来⁉ デービーが下す決断とは?

出典:https://www.livemint.com/

負け組だった高校生デービーにまさかのモテ期到来⁉自分を変えようと奮闘する女子高生の学校生活を、ユーモアたっぷりに描いた超おすすめ青春ドラマ。シーズン2のキャストや見どころを、ネタバレなしでレビュー!(シーズン2のネタバレはありませんが、シーズン1のあらすじなど多少のネタバレを含むため要注意。)



『私の”初めて”日記』シーズン2あらすじ

デービーは父の散骨に間に合うように車を運転してくれたベンとキスしていい感じになるが、パクストンからもディナーに誘われる。

二人のことが好きなデービーは二股しようと考えるが、みんなに反対されてしまう。デービーの母ナリー二はインドへ引っ越すことを考え、単身でインドへ行き久しぶりに家族と対面する。

アニーサというインド系女子が転校してきて、突然現れた美しくポテンシャルの高いアニーサを見てデービーは脅威に感じてしまう。

ナリー二はインドで暮らしていた義母を連れてアメリカへ戻り、皮膚科のジャクソン先生と親しくなっていく。

アニーサに対するあせりやベンとパクストンとの関係など、デービーは自分の気持ちをコントロールできずに暴走してしまう。学校でウィンターダンスが開かれ、デービーはパクストンに誘われるのを期待していたが…。

シーズン1のキャスト&レビューはこちらをチェック↓

『私の”初めて”日記』シーズン2を視聴した感想

シーズン2も期待通りのおもしろさで大満足でした。設定とセリフが超笑えるし、1話30分と短いのであっという間にイッキ見してしまいます。ジョン・マッケンローのツッコミ満載のナレーションもおもしろ過ぎる。

負け組から抜け出して少しだけ勝ち組になってきたデービーが、まさかのベンとパクストンを二股…?というビックリ展開でもうてんやわんや。

デービーの自己中が暴走して、周りから呆れられるなど性格に難ありなところが際立っていきます。自分でも何とかしなくちゃ!という、デービーの気付きも描かれ人間的に少しずつ成長してく過程がおもしろい。

相変わらずデービーを取り巻く家族や友人が楽しいし、常に笑いを提供して最後まで飽きずに楽しめます。

他のアメリカの家族に比べるととりわけ厳しいインド系家族の内幕もおもしろく、インドカルチャーを垣間見れるのも楽しみのひとつです。

最終話では学校の一大イベント、ウィンターダンスが登場して、アメリカの高校はやっぱり楽しそう~!

胸キュンしたりホロっとしたり、青春っていいなーと素直に楽しめます。デービーの物語を観ながら、どっぷりとアメリカの青春ドラマに浸かっちゃいましょう♪


『私の”初めて”日記』シーズン2新キャスト

アニーサ(ミーガン・スリ)

シャーマン・オークス高校に転校してきたインド系女子。美人で明るくサッカーが得意で、みんなに好かれる性格。

ニルマラ(Ranjita Chakravarty)

デービーの祖母で、ナリー二の義母。インドの文化と習慣を重んじ、カマラの婚約者選びに口を出す。

クリス・ジャクソン(コモン)

ナリー二と最初ソリが合わなかった皮膚科の医師。離婚して息子を男手ひとつで育てたシングルファーザー。

マニッシュ・クルカル二(Utkarsh Ambudkar)

デービーの学校の国語の先生。カマラに一目惚れしてデービーから情報を聞き出そうとする。

『私の”初めて”日記』シーズン2見どころ

デービーがまさかの二股⁉

 

この投稿をInstagramで見る

 

Darren Barnet(@darrenbarnet)がシェアした投稿

シーズン1でデービーは人気者パクストンと成績ライバルのベンと奇妙な友情関係を築き、負け組から抜け出すことに成功。

二人のことが気になって両方を手に入れたいデービーは、それなら二股かけちゃえば⁉と少々いい気になってしまいます。

果たしてデービーの恋模様はどういう結果をもたらすのか、シーズン2の大きな見どころのひとつとなっています。

ライアン先生のセラピー

筆者のお気に入りの登場人物は、デービーのセラピストのライアン先生。ハスキーボイスに派手なルックスからは想像できないくらい、いつもデービーにいいアドバイスをしてくれます。

デービーの二股事件、転校生ア二ーサとの問題、ナリー二とジャクソン先生の関係など、暴走しそうになるデービーを諭し的確なアドバイスでいい方向へと導いていく手腕がすごい。

デービーの成長に大きな影響を与えている人物で、筆者もぜひライアン先生に人生相談したい!と思ってしまいます。

デービー&母親

シーズン1ではデービーと母親ナリー二の間に大きな溝ができ、母子関係がギクシャクしてしまいました。

シーズン2はおばあちゃんがアメリカに来て家に大人が増えた分、ナリー二の負担が減り以前よりも性格が丸くなった印象。

それでも他の親に比べるとかなり厳しいけれど、デービーのことを想ってるからこそ。自己主張の激しい母子のバトルは健在ですが、以前に比べると二人の距離がグンと縮まりいい関係を築いているのは明らかです。

カマラの婚約者探し


デービーの家に居候している、従姉のカマラの物語もおもしろい。超美人ながら聡明な理系女子で、周りからお見合いを勧められるもイマイチ乗り気がしません。

気ままに好きなように生きたいカマラにおせっかいをやくおばあちゃんを見ていると、インド系家族はしきたりや習慣を守りかなり窮屈な印象です。

恋愛に関しても本当に厳しく、インド系家族は本当にこんな感じなのかしら?とすごく興味が湧きます。カマラの婚約者探しを通して、インドの文化や習慣を垣間見れるのがおもしろい。


『私の”初めて”日記』シーズン2のネット上での評判は?

『私の”初めて”日記』シーズン2まとめ

シーズン2もすごくおもしろくて、相変わらず笑えるシーンの連続で笑いっぱなしでした。ほんとこのドラマは脚本と構成が素晴らしい!

若い世代だけでなく中年のおばちゃんも楽しめる、幅広い世代に受け入れられるドラマに仕上がっています。

シーズン2の第3話は、ジジ・ハディッドがナレーションを務めているので要チェック。海外青春ドラマが好きな方や、おもしろいコメディ・ドラマが観たいときにぴったりです。

Netflix に加入されている方はぜひチェックしてみてください♪