Netflixドラマ『ファイアフライ通り』シーズン2 涙なしには観られない感動のラスト、タリーとケイトの友情が素敵♪

出典:https://www.whats-on-netflix.com/

クリスティン・ハナによる小説『Firefly Lane(原題)』を基に製作されたNetflixのオリジナル・ドラマ。タリーとケイトの数十年にわたる友情を描いた、ハートフルなドラマに仕上がっています。シーズン2のキャスト、感想、評価、見どころ、解説などを、ネタバレあり&なしでご紹介♪



『ファイアフライ通り』シーズン2概要

製作・配給:Netflix
配信日:2022年12月2日
ジャンル:恋愛、ヒューマン・ドラマ
製作国:アメリカ
話数:全9話、1話約50分
日本語吹き替え:なし

『ファイアフライ通り』シーズン2パート1あらすじ(ネタバレなし)

1975年、タリーの母親が逮捕されたことでタリーは祖母と暮らすことになり、ファイアフライ通りを離れケイトと別の学校に通っていた。しばらく会っていなかった二人は、タリーの父親を探すため一緒に旅に出る。

90年代、タリーは女性アンカーになろうと奮闘するが、なかなか努力が報われずあせりを感じ始めていた。

そんな矢先人気スポーツキャスターのダンがKPOC放送局に赴任し、タリーの最大のライバルになり二人は何かと競い合うようになる。

2004年、イラクへ行っていたジョニーが負傷し、タリーとケイトはドイツの病院にいるジョニーの元へかけつけるが、そこでかつての同僚チャーリーと居合わせる。

ジョニーはイラクでの出来事のせいでPTSDに苦しみケイトとの関係に影響していき、タリーは上司のキングに訴えられ業界で仕事ができなくなってしまう。

ケイトとタリーはある出来事がきっかけで、二人の友情が暗礁に乗り上げることに…。

『ファイアフライ通り』シーズン2パート2あらすじ(ネタバレあり)

※重要なネタバレがあるため要注意

現代、タリーがケイトの娘マーラを車に乗せて運転中に大事故を起こしたことで、二人の関係が決裂してしまう。

ケイトは炎症性乳癌という悪性が高い乳癌だと分かり、化学療法を受ける。長い間話していなかったタリーに連絡を取り、二人は再び親友同士に戻りタリーはケイトの治療を支える。

ケイトとジョニーは離婚したが復縁し、ケイトの治療が終わった後二度目の結婚式をするが、ケイトの癌が再発してしまう。

2006年、ケイトはイギリス人のセオにプロポーズされ結婚の準備に追われるが、ジョニーはケイトを諦めきれずに愛を告白し、二人は元さやに戻り結婚式を挙げる。

ケイトはマーラを出産するが母乳育児がうまくいかず、ジョニーと口論になってしまう。タリーはケイトの結婚式で久しぶりにダニーと再会し、気持ちがざわつく。

タリーはニューヨークで8年間キャリアを積んだ後、シアトルに戻りジョニーがケイトの番組のプロデュースをすることになる。

高校時代、ケイトとタリーは英語のクラスでロミオ&ジュリエットの劇に参加することになり、タリーはジュリエットに選ばれる。

ロミオ役に選ばれたクープは学校の人気者で、密かにケイトと付き合うようになる。ケイトはクープとの関係に気持ちが浮き立つが、タリーはケイトが傷つくことになるのではと心配してしまう。

ロミオ&ジュリエット上演の日、クラウドはマリファナでハイになり野次を飛ばし、劇が台無しになりそうになるが先生が機転を効かす。

シーズン1のキャスト&レビューはこちらをチェック↓

『ファイアフライ通り』シーズン2感想&評価

ROTTEN TOMATOES:批評家スコア48% 視聴者スコア78%
IMDb:7.4(10点中)
総合評価:★★★★☆
ストーリー:★★★★☆
エンタメ性:★★★☆☆
感動:★★★★☆

シーズン2もすごくおもしろくて大満足でした。タリーとケイトの友情を、3つの時間軸で描いていくところはシーズン1と同じです。

時間軸がシンクロして忙しい印象ですが、テンポがいいし笑えるシーンも多くすごくおもしろくて最後までイッキ見でした♪

シーズン2はタリーとケイトの友情と恋愛に加え、タリーの父親捜しと、母親クラウドの関係にも焦点が当てられていたのもよかったです。

くっついたり離れたりと、どっちつかずなケイトとジョニーの関係もどうなるのやらとヒヤヒヤしながら楽しみました。

登場人物が多いうえに3つの時間軸で描く複雑な設定ながら、緻密な脚本とキャラクターを深く掘り下げた人間像が本当に上手く、素晴らしいドラマに仕上がっています。

最後は涙なしには見られず、二人の長年の友情に感動してしまうはず。シーズン2で完結したため、シーズン3がないのが残念です。

『This Is Us』『ヴァージンリバー』『スイート・マグノリアス』などの、家族や女性の友情を描いたドラマが好きな方にぜひおすすめです♪


『ファイアフライ通り』シーズン2の新キャスト

ダニー・ディアス(イグナシオ・セリッシオ)

KPOC放送局の新スポーツキャスター。何かとタリーと張り合うが、タリーの仕事への意欲を向上させるよきライバルでもある。

チャーリー(インディア・ド・ボーフォート)

90年代にタリーとケイトと一緒に働いていた同僚。現在は戦争ジャーナリストになり、イラクでジョニーと一緒に仕事をしている。

ベネディクト・ビンスワンガー(グレッグ・ジャーマン)

90年代に知事選に出馬した地元の名士。取材しようとするケイトを足蹴にして怒らせてしまう。

セオ(オリバー・ライス)

ジョニーと別れた後ケイトが交際するイギリス人。ケイトの両親にも気に入られている。

クープ(コービ・クラーク)

ロミオ&ジュリエットの劇でロミオ役を演じる、学校の人気者。ケイトのことが好きでアプローチする。

 

『ファイアフライ通り』シーズン2パート1見どころ・解説・考察(ネタバレなし)

タリーの父親捜し

出典:https://www.purewow.com/

シーズン2の見どころのひとつは、タリーの父親捜しです。ヒッピーの母親にネグレクされて育ったタリーは父親のことを知らずに育ち、自分の父について知りたいとケイトと共に父親捜しの旅に出ます。

タリーの父親が誰なのか、どうしてタリーの元を去ったのかなど、タリーの出生の秘密が明かされることに。

親を知らずに育ったことで自分のアイデンティティーの一部が欠けているように感じていたタリーは、父親について知ることで自分に欠けているものを埋めようとします。

タリーが男性とうまく関係が築けいないことも、父親不在で育ったことが大きく関係していることが分かります。

過去と現在をシンクロさせて、タリーの父親が誰なのか明かされていく過程にドキドキしてしまうはず。

ケイトとジョニーの関係

出典:https://theenvoyweb.com/

ジョニーはイラクでの事故でPTSDを患い、自暴自棄になってしまいます。シーズン1ではケイトとの夫婦関係は既に終わり別居していましたが、ジョニーの精神状態が不安定になったことでケイトは心配でたまりません。

二人が別れたのはさまざまな要因が重なったのが原因で、夫婦関係が終わったからと言って気持ちが吹っ切れた訳ではないところが複雑です。

昔からくっついたり離れたりを繰り返してきた二人の歴史を、3つの時間軸でがっつり描いているのが見応えたっぷりです。

タリーとケイトの決別

シーズン1の未来の時間軸のお葬式のシーンで、どうやらタリーとケイトが決別しているらしいことが描かれていました。このお葬式が誰のものなのかも気になるところで、視聴者の興味をひっぱる演出がすごく上手い!

タリーとケイトがどうして仲たがいしてしまったのか、その理由がシーズン2の後半で描かれます。引っ張るだけ引っ張る展開にヤキモキしてしまい、二人がこれからどうなるのか気になって仕方ありません。

30年に渡る二人の友情はとっても素敵なのだけど、シーズン1同様に多少共依存な部分もあり見ていてハラハラしてしまうはず。

タリーと母親

シーズン1ではタリーの母親のクラウドは、薬物とアルコール依存症のせいで母親らしいことは何ひとつしてきませんでした。

タリーの母親への反骨精神が彼女のキャリアの原動力になっているとも言えますが、裏を返せばタリーのアキレス腱とも言える存在です。

明らかに母親のことがトラウマになっており、二人の関係は普通の母子とは大きく異なります。クラウドの過去とタリーの父親の秘密を、タリーとの親子関係に絡ませて見応えのあるドラマに仕上げています。


『ファイアフライ通り』シーズン2パート2見どころ・解説・考察(ネタバレあり)

※重要なネタバレがあるため要注意

ケイト&タリーの友情

30年以上親友同士の二人ですが、タリーがマーラを乗せた車で大事故を起こしたことが原因で、二人の関係は決裂してしまいます。

ケイトが乳癌になったことで再び親友に戻りますが、ケイトとタリーの長年の友情もアップ&ダウンの繰り返し。喧嘩と仲直りの繰り返しで、まるで長年連れ添った夫婦のよう。

ケイト、タリー、ジョニーが3人で結婚生活を送っているようにも見えてしまい、妻にべったりのタリーを受け入れているジョニーはある意味すごく器の大きい男なのかもしれません。

共依存ともいえる二人の友情は健康的とは言えない点もあるけれど、二人の揺るぎない絆と友情は素直にすごい!と感動してしまいます。

ケイト&ジョニーの結婚生活

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ben Lawson(@bennyvegas)がシェアした投稿

2,000年代にケイトはジョニーと別れた後イギリス人のセオと付き合いプロポーズされますが、ケイトを諦めきれないジョニーがケイトに愛を告白し二人はよりを戻します。

このエピソードのシャワー・シーンに爆笑!ケイト、セオ、ジョニーにはトラウマになってしまう出来事でしたが、決定打となる事件が起きたせいでケイトとジョニーの気持ちが固まったとも言えるかも。

ケイトとセオの結婚プランをそのままジョニーとの結婚に使ったため、結婚式のケーキやナプキンにいろいろ手違いがあったりと、人生の大事な日に起こるハプニングをコメディタッチで描いていておもしろい。

現代では離婚した二人が再び再婚することになり、二度目の結婚式がとっても感動的!ケイトとジョニーの歴史を辿るドラマとも言え、二人の関係が見応えたっぷりです。


3つの時代の共通点

高校時代はケイトの胸の大きさのコンプレックス、2,000年代はケイトの母乳育児の悩み、現代ではケイトの乳癌治療と乳房切除、と3つの時代で女性の胸が共通の話題として登場します。

さらに高校のシェークスピア劇、2,000年代のケイトとジョニーの結婚式、現代のケイとジョニーの再婚式と、3つの大きなイベントを時代ごとに設定してドラマを盛り上げているところがうまい!

3つの時代を同じ共通点を設けて描いて、小ネタを絶妙にシンクロさせる脚本が見事です。

シーズン2結末、ケイトの小説

ケイトは昔から小説を書いていますが、完成させたことがありません。

病気になり死ぬまでに作品を完成させようと必死に描き続け、タリーとの友情、ジョニーとの結婚、仕事、育児など、ケイトの人生が集約された小説『ファイアフライ通り』を完成させます。

今まで完成させることができなかった小説を、タリーと家族に残して亡くなるという結末でした。

本作はベストセラー作家クリスティン・ハナの小説『Firefly Lane(原題)』を基に製作されており、主人公が自分の人生を執筆した小説『ファイアフライ通り』を完成させるという粋な設定になっていると感じました。

ケイトは若くして亡くなってしまいますが、ケイトの残した小説は彼女の人生の集大成であり、読み返すことでいつでも自分に会えるというメッセージが込められているのではないでしょうか。

ラストは涙なしには観られない感動に包まれ、ドラマのエンディングを飾る素敵なシーンだったと思います。

出演者たちの特殊メイク

本作は3つの時代をシンクロさせる複雑な時間軸のドラマで、高校時代は子役が演じていますがそのほかの異なる時代は同じ俳優が演じています。

さすがに40代のキャストが20代を演じるのは厳しいところもありましたが、別の若い俳優を起用するより感情移入しやすかったと思います。

最近はディエイジングと呼ばれるVFX技術も多用されていますが、本作は特殊メイクで何とかカバーして乗り切っているものの、プラスチックのような不自然な肌は違和感ありまくりでした(笑)。


『ファイアフライ通り』のネット上での評判は?

『ファイアフライ通り』シーズン2まとめ

最後は感動して涙なしには見られない、長年に渡る女性の友情を描いたとっても素敵なドラマに仕上がっています。3つの時間軸を絶妙にシンクロさせて描く脚本が最高に上手くて、本当にこのドラマはおもしろい。

『This Is Us』や『ヴァージンリバー』系のドラマが好きな方に超おすすめで、Netflixに加入されている方はぜひチェックしてみてください♪

 

 

スポンサーリンク
Netflix海外ドラマ
DraMagazineをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
DraMagazine