Amazonドラマ『ナチハンターズ』シーズン2 ハンターズはヒトラーを倒せるのか⁉スリリングな展開が見逃せない!

出典元:https://www.nerdsandbeyond.com/

生き残ったホロコーストがナチスの残党に報復していく、見応えたっぷりのAmazonオリジナル・ドラマ。本作のキャストや見どころなどを、ネタバレなしでレビュー!(シーズン2のネタバレはありませんが、シーズン1のあらすじなど多少ネタバレを含むためまだ視聴されていない方はご注意を。)



『ナチハンターズ』シーズン2あらすじ

ドイツのある村でハヴァという女性がナチ狩りをしに現れ、狙われた男性はヒトラーについての秘密を打ち明ける。

ジョナはパリに滞在中で恋人のクララと暮らしており、他のハンターズのメンバー達も世界中に散らばり、現在は音信不通状態。

ジョーは車にはねられた後ある場所へ連れていかれ、ヒトラー側に捕らえられてしまう。

過去の時間軸でマイヤーはハンターズのメンバーをリクルートし、自分の正体を隠すためナチの戦犯達に接触していく。

ジョナはナチの戦犯ビフ・シンプソンから有力情報を得て、ヒトラーを捕まえるべくメンバー達を招集する。ハンターズはブエノスアイレスへ飛び、もう一人のナチ狩りをする女性ハヴァと出会う。

シーズン1のキャスト&レビューはこちらをチェック↓

『ナチハンターズ』シーズン2を視聴した感想

シーズン1はスリリングなストーリーと驚きのどんでん返しがあり超おもしろかったですが、シーズン2も期待を裏切らない仕上がりで大満足でした。

シーズン2では過去の時間軸で、マイヤーがハンターズのメンバーをリクルートしていく過程が描かれたのも興味深かったです。

ヒトラーが生きているという設定の歴史改変的な展開で、ハンターズがヒトラーを倒すべく壮絶な戦いを繰り広げて行くところがとにかくスリリング!

ストーリーもおもしろいですがアクションも最高で、最初から最後までハラハラどきどきが止まりません。

ハンターズのメンバーたちのアンサンブル演技も素晴らしいし、シーズン1の内容をしっかりとシーズン2に活かした脚本が素晴らしかったです。

物議を醸す内容ではありますが、見終わった後ホロコーストの事実からは絶対に目を背けることはできないと、いろいろと考えさせられるはず。

筆者もホロコーストについてもっと勉強したいと思い、エンターテイメントだけではなくそういう意味を含めて意義のあるドラマと言えるかもしれません。


『ナチハンターズ』シーズン2を無料視聴できる動画配信サービスは?

現在『ナチ・ハンターズ』を配信しているのは、Amazonプライム・ビデオのみになっています。Amazonプライム・ビデオは30日間の無料お試し期間があり、『ナチ・ハンターズ』シーズン2は全8話と短いのでお試し期間中に全話視聴可能です。30日間の無料お試し期間中に解約すると、一切料金はかかりません。

・30日間の無料お試し期間
・月額料金500円と低価格
・Amazonオリジナル・ドラマが豊富
・送料無料やお急ぎ便の利用が可能

月額たった500円とワンコインで動画配信サービスを利用でき、クオリティの高いAmazonオリジナル・ドラマが豊富!送料無料やお急ぎ便の利用が可能が可能で、Amazonでよく買い物をする方にもおすすめ。30日間の無料お試し期間中に解約すると、一切料金はかかりません。

30日間無料お試しでAmazonプライム・ビデオを体験する >>

『ナチハンターズ』シーズン2の新キャスト

ハヴァ・アプフェルバウム(ジェニファー・ジェーソン・リー)

ホロコーストの生き残りで、ジョルジュと二人でナチ狩りをしている。ハンターズのメンバーと出会い、協力しないかと持ち掛けられる。

アドルフ・ヒトラー(ウド・キア)

自決せずにドイツから秘密裏に逃れ、妻のアヴァと一緒に隔離された豪邸に暮らしている。

アヴァ・ブラウン(レナ・オリン)

ヒトラーの妻で、共に第四帝国を目論む野心的な女性。

クララ(エミリー・ラッド)

ジョナの恋人でソルボンヌ大学の学生。ジョナの正体を知らず、彼の行動を疑ってしまう。

ジョルジュ(トミー・マルティネス)

ハヴァの長年のナチ狩りの相棒。イケメンで性格がよく、行動に問題のあるロニーを心配する。

 

『ナチハンターズ』シーズン2見どころ

ヒトラーを追え!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Greg Austin(@greg.austin)がシェアした投稿

シーズン1のラストでは、アドルフ・ヒトラーが生きていることが判明しました。ヒトラーの情報を掴んだジョナはハンターズのメンバーを招集して、アルゼンチンのブエノスアイレスへと飛びます。

ハンターズがどうやってヒトラーを追い詰めていくのかがシーズン2の最大の見どころで、ハンターズが直面する壮絶な戦いとアクションが迫力満点で超スリリング!

改めてホロコーストの事実を突きつけられる内容で、いろいろと考えさせられるはず。

アクションやスリリングな展開だけでなく、二度と繰り返してはならない恐ろしい歴史を風化させてはいけないと強く感じる内容になっています。

ハヴァの物語

シーズン2で新たに登場する新キャストのハヴァは、ハンターズと同じようにナチの残党を狩っている女性です。

ハヴァがナチ狩りをするに至った理由や、ハヴァの生い立ちや家族などストーリーが進むにつれて明らかになっていきます。

ハヴァの物語も驚かされることが多く、ハヴァに関連する重要な人物セヴの物語が第7話で描かれているのも興味深い。

一瞬物語に関係ないようなファンタジックな展開ですが、ドラマというエンターテイメントだからこそ描ける演出が印象的です。

ジョーの運命

第四帝国を目論むヒトラーとアヴァに捕らえられてしまったジョーの存在が、シーズン2の大きなキーポイントになっています。

囚われの身になってからのジョーはどうも様子がおかしく、いったい彼に何が起こったのか⁉ジョーに及ぼしていく影響力が恐ろしく、彼の運命がどうなってしまうのかにも注目です。

マイヤーの存在感

既に故人のマイヤーですがシーズン2でも登場し、ハンターズを結成することになったいきさつやメンバーのリクルートの過程などが描かれます。

シーズン1で描かれていなかっただけにハンターズ結成の物語が興味深く、それぞれのリクルートの理由が各キャラの過去と上手くリンクしているのがお見事です。

メンバーをナチハントに駆り立てる口のうまさや人たらしな性格を見ると、やっぱりコイツは侮れない!というのが分かります。

マイヤーは過去の時間軸のなかを行ったり来たりして再び強烈な印象を残し、さすがアル・パチーノ!と思わせる存在感を放っています。


シーズン3の製作は?

シーズン2で内容的には決着が着いたように思えましたが、ラストのジョナの視線が気になって続きがあるの?と思う方がいるかもしれませんがシーズン2で完結しています。

シーズン2の更新が決定したとき、シーズン2が最終シーズンになることも発表されました。短いシーズンで終わってしまった理由は、内容的に賛否両論でかなり物議を醸すことになったためだそう。

その最も顕著な例が、シーズン1で登場した強制収容所でナチ隊員が囚人と「ライブチェス」をする架空の場面です。

このシーンは歴史的根拠がないためアウシュビッツ博物館はハンターズに対し、ありもしないシーンをでっち上げてホロコースト否定派を煽りかねないと非難して声明を発表しました。

そのためシーズン2の配信前に、問題となったシーンをカットして編集しなおしたシーズン1の再編集版が製作されて配信されています。

シーズン2を制作する際製作側はこのことを考慮し、フラッシュバックのシーンを書く際にユダヤ教寺院の指導者やホロコースト関係者と協力したそうです。

アル・パチーノが初めてドラマ・シリーズへの出演を承諾した作品でしたが、視聴率が思ったほど振るわなかったこともキャンセルの理由のひとつだそうです。

『ナチハンターズ』シーズン2のネット上での評判は?

『ナチハンターズ』シーズン2まとめ

シーズン2も期待を裏切らない仕上がりで、ストーリーもおもしろくアクションも迫力満点でした。

センシティブな歴史的事実を扱った内容で物議を醸すドラマではありますが、ストーリーのおもしろさやアクションだけでなく、ホロコーストについて知るという意味でぜひ視聴してほしいドラマです。

Amazonプライムに加入されている方は、ぜひチェックしてみてください♪

30日間無料お試しで『ナチハンターズ』を視聴する >>