『コンドル~狙われたCIA分析官~』名作映画のリメイク版ドラマ シーズン1の見どころをチェック!

出典:https://www.primevideo.com/

1975年のロバート・レッドフォード主演映画『コンドル』をリメイクしたドラマ・シリーズ。CIA分析官がテロを阻止するため活躍するスパイ・スリラー。シーズン1の見どころを、ネタバレなしでチェック!



『コンドル~狙われたCIA分析官~』シーズン1あらすじ

CIAで分析官として働くジョー・ターナーは、潜在テロリストを洗い出すプログラムを開発し未然に生物兵器テロを防ぐ。

イスラム系テロリストによるテロと思われたが、ジョーは製薬会社による10億ドルの株の取引に気付きバイオテロを予測したインサイダー取引なのではと予測する。

職場に出勤したジョーは謎の二人組に襲われ何とか逃げるが、同僚が殺害されジョーが犯人に仕立て上げられてしまう。逃亡しながら真相を突きとめるため、ジョーは一人で巨大な陰謀に立ち向かうことになる。

『コンドル~狙われたCIA分析官~』シーズン1を観た感想

普通におもしろかったですが、ぐいぐいと引き込まれる感じはなかったかなという印象。CIA分析官のドラマといえば真っ先に浮かぶのが『ジャック・ライアン』ですが、『ジャック・ライアン』の方がスケールもアクションも映画並みで見応えあったというのが正直な感想です。

本作はアクションは控えめでどちらかというと頭脳戦の方が多く、その分スローテンポな印象ですがストーリー自体はおもしろかったです。

ウィリアム・ハートやミラ・ソルヴィーノなどアカデミー賞を受賞したベテラン俳優が脇を固めて、演技も見応えがありました。CIAドラマやスパイ・スリラーが好きな方におすすめです!


『コンドル~狙われたCIA分析官~』キャスト

ジョー・ターナー(マックス・アイアンズ)

出典:https://www.tvinsider.com/

CIAの分析官で潜在テロリストを洗い出すプログラムを開発したことで、陰謀に巻き込まれてしまう。

幼い頃に父親を亡くし、叔父のボブが親代わりになっている。

ボブ・パートリッジ(ウィリアム・ハート)

出典:https://www.imdb.com/

CIAの幹部で、大学を卒業したジョーをCIAにリクルートする。

ジョーのことを息子のように思い、常に気にかけている。

マーティ・フロスト(ミラ・ソルヴィーノ)

出典:https://seat42f.com/

CIAの職員でテロ対策班を率いる指揮官。かつてボブと付き合っていた過去があり、今もわずかながら想いを引きずっている。

ネイサン・ファウラー(ブレンダン・フレイザー)

出典:https://delagarde.nl/

民事軍事会社ホワイト・サンズの社員で、投資家のギャレスの仲介役。

親の期待に沿えず、軍人になれたかったことがトラウマになっている。

ガブリエル・ジュベール(リーム・ルバニー)

出典:https://www.epixnow.com/

CIA所属の暗殺者で、ことごとくジョーを邪魔する天敵となる。

狙ったターゲットを執拗に追う暗殺者だが、男性はその美しい容姿に騙されてしまう。

 

『コンドル~狙われたCIA分析官~』シーズン1の見どころ

マックス・アイアンズに注目!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Condor(@condoratt)がシェアした投稿

主役のジョー役を務めるのはイギリス出身のマックス・アイアンズで、名優ジェレミー・アイアンズを父に持つエンタメ界のサラブレッド。

『天才作家の妻 40年目の真実』『ねじれた家』などに出演し、本作が初の主演ドラマ・シリーズ。父親のジェレミーにはあまり似ていませんが、188㎝の長身にタレ目がチャームポイントの端正なルックスでこれからの活躍に注目です。

豪華なキャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Condor(@condoratt)がシェアした投稿

本作は脇を固める俳優がとっても豪華なのも見どころです。ウィリアム・ハートやミラ・ソルヴィーノといったアカデミー賞受賞俳優をはじめ、大ヒット映画『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザーが出演しています。

一昔前はこんな豪華なキャストがドラマ・シリーズで揃うことはなかったので、今はドラマで大物俳優達が揃うから本当にスゴイ。

本作で計5話を監督しているのが、俳優のアンドリュー・マッカーシー。アラフィフの洋画ファンなら絶対知っている人気俳優で、1980年代~1990年代に『プリティ・イン・ピンク』『セント・エルモス・ファイヤー』などの大ヒット青春映画に出演。

現在も俳優として『グッド・ガールズ:崖っぷちの女たち』などに出演し、俳優と監督両方で活躍しています。

CIAの頭脳戦がスリリング

主役のジョーがバイオテロと製薬会社の関連性に気付いたことから、何者かに襲撃され逃げまくります。逃亡しながら見えない敵を探し出し、陰謀を暴いていくスリリングな展開が見逃せません。

誰が裏切者で、どんな陰謀が裏に隠されているのか?アクションは少なめですが、ジョーが走りまくるシーンの連続で疾走感抜群。頭脳戦に重きを置いたストーリー展開で、じっくりと楽しめるスパイ・スリラーに仕上がっています。

バイオテロの脅威

本作の物語の軸になっているのがバイオテロ。ウィルスは爆弾より恐ろしい兵器で、爆弾は落とされた場所だけ被害が及ぶけれどウィルスは人から人へ感染し世界規模で蔓延する本当に恐ろしい兵器です。

新型コロナウィルスのパンデミックの真っ只中なだけに、ウィルスの恐ろしさを身に染みて感じているからこそバイオテロを計画する愚かさに反発心を隠せません。

『コンドル~狙われたCIA分析官~』のネット上での評判は?

『コンドル~狙われたCIA分析官~』まとめ

若干スローテンポな印象はありますが、全体としてはおもしろくて楽しめました。主演のマックス・アイアンズもカッコよかったし、出演俳優も豪華でトータル的にクオリティが高かったです。CIAドラマやスパイ・スリラーが好きな方におすすめです!

 


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ