『エミリー、パリへ行く』の魅力とは!? Netflixで大ヒット中!

出典元:https://www.youtube.com/

現在Netflixで配信中の『エミリー、パリへ行く』。パリを舞台に恋と仕事にがんばるエミリーの日常を描き、世界中の女子の心を掴んで大ヒット中!シーズン2への更新も決まって、次シーズンの展開が気になって仕方ありませんね。どうしてこんなに人気があるのか、シーズン1の魅力を紹介したいと思います!

『エミリー、パリへ行く』のあらすじ

『エミリー、パリへ行く』予告編 – Netflix

シカゴのマーケティング会社で働くエミリーは、バリバリと仕事をしながら素敵なボーイフレンドと過ごすリア充生活を送っていました。妊娠した上司の代わりに急遽パリのマーケティング会社に行くことになり、初めてのパリ生活がスタートします。

フランス語が全く話せないエミリーでしたが、何とかなるだろうと気軽に構えていたもののフランスでの生活はそんなに甘くありませんでした。

出典元:https://www.youtube.com/

日常生活でも仕事場でもフランス語ができないことで不便な思いをして、寂しい思いをしていたところ街中でアメリカ人のベビーシッターのミンディーと知り合います。

意気投合した二人は一緒に食事をしたり出かけたり仲良しになって、エミリーのパリ生活が活気を帯びていきます。

シカゴのボーイフレンドと遠距離恋愛がうまく行かず別れた後は、パリで出会った男性と新しい恋を楽しむエミリー。仕事もエミリー流のやり方で、周りから認められていきます。

『エミリー、パリへ行く』のみどころ

出典元:https://www.vulture.com/

なんと言ってもパリのおしゃれな街並みと雰囲気がとってもよくて、ドラマ全体を盛り上げる大切な要素になっています。アメリカとパリの文化や習慣の違いの描き方も面白く、カルチャーギャップを楽しめるのも見どころのひとつ。

パリジェンヌにしてみたら、こんな描き方絶対おかしい!的なところもありそうですが、そこはドラマあるあるですから!純粋にエンターテイメントとして楽しめる仕上がりになっています。

ロマンチックなパリで恋と仕事に全力投球するエミリーが、とにかくポジティブで見ているだけで元気をもらえます!サクサクッとおしゃれな恋愛ドラマを楽しみたい方にぴったりで、『セックス・アンド・ザ・シティ』が好きな人は絶対楽しめますよ。

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダレン・スターが制作

出典元:https://www.latimes.com/

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダレン・スターが制作だけあって、作品のテイストがもろSATCです。ダレン・スターが制作するドラマは随分と久しぶりなので、首を長くして待っていたファンも大勢いたのではないでしょうか。

世界中で大ヒットしたドラマを手掛けただけに、『エミリー、パリへ行く』もとってもおしゃれで女子の心をがっちりと掴む内容になっています。

やっぱり恋愛ドラマはこうじゃなくちゃ!的な展開の、恋のもつれがシーズン1でも満載で既にシーズン2への期待度マックスです!

 

『エミリー、パリへ行く』のキャスト

エミリー・クーパー(リリー・コリンズ)

思いがけずパリのマーケティング会社に転勤になり、初めての海外生活を送ることになります。最初はフランス語が話せずパリ生活になじむのに時間がかかりましたが、持ち前のバイタリティーで周りを巻き込みながらパリ生活を謳歌します。

ミンディー(アシュリー・パーク)

パリでベビーシッターをしながら生活し、かつては歌手を目指していたアメリカ人。エミリーのパリでの初めての友達で、エミリーのパリ生活をサポートしてくれる良き友人。サバサバとした男前な性格は、『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダっぽいかも。

ガブリエル(ルーカス・ブラボー)

エミリーと同じアパートに住むシェフで、エミリーが自分の部屋を間違えたことをきっかけに知り合いに。最初は何かと困ったエミリーを助けてくれる隣人でしたが、次第にお互いのことが気になる関係なっていきます。登場した瞬間、ワオ、超イケメン!と声に出しそうなほど端正なルックスで、フランス訛りの英語もとってもセクシー。

シルヴィー(フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー)

エミリーの会社の上司で、フランス語ができないエミリーを小ばかにして何かと敵対心をむき出しにしていびる怖い上司。キツイ性格ながら、愛人のアントワーヌとの関係に悩む繊細な面も持ち合わせています。次第にエミリーの仕事ぶりを評価して、少しずつ打ち解けていく関係に。

カミーユ(カミーユ・ラザ)

偶然の出会いからエミリーと仲良くなるフランス人で、ガブリエルの彼女。グループデートしたりと仲良しだったのに、エミリーとガブリエルが惹かれ合い始めて三角関係になりそうな予感。実家がワインのブランドを持つ由緒ある家柄で、おしゃれなギャラリーで働くカミーユは『セックス・アンド・ザ・シティ』のシャーロットに近いキャラかも。

アントワーヌ・ランベール(ウィリアム・アバディ)

エミリーが働く会社のクライアントで、シルヴィーの愛人。端正なルックスのイケオジで、何か企んでそうな雰囲気を漂わせつつ、実はいい人?ちょっと掴みどころのない、ミステリアスなフランス人男性。

ジュリアン (サミュエル・アーノルド)

エミリーの会社の同僚で、いつもキラキラのファッションに身を包んでいます。最初はエミリーに冷たい態度でしたが、次第に心を許してお互いを助け合うよき同僚になっていきます。

リュック(ブリュノ・グエリ)

エミリーの会社の同僚で、ことあるごとに下ネタを連発してスベルお調子者キャラ。ジュリアン同様、最初はエミリーに塩対応でしたがエミリーの仕事ぶりを評価して同僚としてサポートしてくれるように。

エミリーのファッションに注目!

出典元:https://people.com/

『セックス・アンド・ザ・シティ』があそこまで大ヒットしたのは、魅力的なストーリーやキャストの素晴らしい演技もありますがやはり話題になったのがファッション!

どちらかと言えばアメリカのドラマは、登場人物みんな普段着であまりファッションにはこだわっていない感じだったのが実情。

出典元:https://people.com/

それが『セックス・アンド・ザ・シティ』の登場で、ドラマのファッションに新風を巻き起こしました。主役のキャリー達が着こなすハイセンスなファッションは、ドラマ全体の魅力をグッと押し上げてサラ・ジェシカ・パーカーを時代のファッションアイコンへと変貌させました。

『エミリー、パリへ行く』では、『セックス・アンド・ザ・シティ』で衣装を担当したパトリシア・フィールドが担当しています。

さすがパトリシア・フィールド!という感じのエミリーの華麗なファッションは、SATCを彷彿させます。カラフルながらパリジェンヌの洗練された着こなしを取り入れたエミリーのファッションも、このドラマの魅力です。

『エミリー、パリへ行く』のシーズン2はどうなる?

出典元:https://people.com/

シーズン1ではエミリーのパリでの生活、仕事、新しい出会いを中心に描かれました。パリで出会った新しい友達や新しい恋の予感が軽快に描かれて、シーズン1のラストエピソードはクリフハンガーで終わったので続きがどうなるか楽しみです。

特にエミリーとガブリエルの今後に注目ですね!シーズン2では『セックス・アンド・ザ・シティ』のサマンサみたいな、ぶっとんだ新キャラが登場したらおもしろいかも!と勝手に想像しながら待ちたいと思います。

 


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ