『And Just Like That…』シーズン2がクリス・ノースのスキャンダルで保留に!

出典:https://collider.com/

日本でも配信がスタートした『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編『And Just Like That…』。HBO Max史上最も視聴されたデビュー作となりましたが、シーズン2への更新がクリス・ノースのスキャンダルで保留になったというニュースが報じられました。(『And Just Like That…』第1話の大きなネタバレを含むので、まだ視聴されていない方はご注意を。)


クリス・ノースの性的暴行疑惑のスキャンダル

『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編『And just like that…』が配信された1週間後に、ミスター・ビッグ役のクリス・ノースが2件の性的暴行で告発されるという衝撃のニュースが報じられました。

スキャンダルについての詳しい情報はこちら ↓

シーズン2への更新が保留に

『And Just Like That…』はHBO Max史上最も視聴されたデビュー作となり好調なスタートを切りましたが、シーズン2の話が進んでいたなかクリスのスキャンダルの影響を受け更新は保留になってしまいました。

主演のサラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン、クリスティン・デイビスの3人は、クリスから性的暴行を受けたと名乗り出た女性を支持する共同声明を発表。

まだ疑惑の段階ですが、『And Just Like That…』の現場はスキャンダルを巡り現在も混乱しているのは明らかのよう。このスキャンダルが視聴率にも影響するのでは?と、心配する声も多いとのことです。


『And Just Like That…』の製作者は胸を撫でおろす⁉

※以下第1話のネタバレを含みますので要注意

 

『And Just Like That…』第1話はビッグがエクササイズバイクで運動した後心臓発作を起こし、死亡するという衝撃のラストでした。

もし違う設定だったとしたらビッグは第2話以降も出演の予定だったはずで、ビッグが死亡するという展開がまさかの救いとなりました。

出演する設定だと脚本を書きなおしたり、既に撮影したシーンを撮り直したりと大変な作業になったはず。

さらにビッグをどう退場させるかで頭を悩ませるところでしたが、既に死亡したという設定が功を期した結果となり製作者側は胸を撫でおろしたのではないでしょうか。

エクササイズバイク「ぺロトン」の株が急落

ビッグがエクササイズバイク「ぺロトン」で運動した後心臓発作を起こす設定だったため、ドラマ配信後はぺロトンの株が急落してニュースになりました。

ドラマが理由で会社の株が急落するとは、それだけ『セックス・アンド・ザ・シティ』の影響力がいかに大きいかを物語っているようです。

その後ぺロトンは自社製品のパロディCMにクリス・ノースに起用し反撃しましたが、スキャンダル後はこのコマーシャルも放送が取り止めになりました。

黒い噂が原因⁉

ビッグが死亡した後に性的暴行疑惑の告発があったため、もしやクリス・ノースの黒い噂を製作者側が事前に聞きつけて、ビッグを死亡させる設定にしたのでは?と考えた人もいるのではないでしょうか。

実はビッグが亡くなる設定は実現しなかった映画『セックス・アンド・ザ・シティ3』の脚本で、当初からビッグが死亡する設定になっていたのだとか。

『セックス・アンド・ザ・シティ』のシーズン6でもビッグの心臓の問題が描かれていたので、こうなることは元々計画されていたとのこと。

既にビックは死亡したのでスキャンダルがこれからの物語の進行に影響しないのが幸いでしたが、シーズン2が保留になるなどクリスのスキャンダルの余波は大きいと言わざるを得ないようです。

 


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

参照記事:And Just Like That Season 2 Talks Reportedly On Hold Amid Chris Noth Scandal