『Lの世界 ジェネレーションQ』シーズン2 第3話:『Lの世界』だからこそ描ける本物の多様性に感動!

出典:https://the-l-word.fandom.com/

レズビアンの世界を描いたLGBTドラマ『Lの世界』から10年、ロサンゼルスを舞台に新たにガールズ達の物語が始まります!さまざまな世代のLGBTの生き方を描いてとっても新鮮♪シーズン2はhuluにて毎週金曜日に週一配信され、毎週各話のあらすじや見どころをネタバレなしでレビュー!(シーズン2第3話のネタバレはありませんが、これまでのエピソードのネタバレを多少含むのでまだ視聴されていない方はご注意を。)


『Lの世界 ジェネレーションQ』これまでのあらすじ

ベット・ポーターはロサンゼルス市長選に出馬するため選挙活動に忙しく、アリス・ピエゼッキーは自身のトーク番組「アリス」の司会者として成功していた。

シェーン・マッカチョンはニューヨークとパリのサロンを売却し、新生活をスタートさせるためロサンゼルスに戻ってくる。

アリスのアシスタントのソフィとフィンリーは親友で、ソフィの恋人ダニはベットの市長選の広報担当になる。アリスは恋人のナットの元妻ジジとの関係がうまくいくように努力するも、三人で付き合うスラップルの関係になってしまうことに…。

ベットはあるスキャンダルが持ち上がり、市長選を続けるかどうか選択を迫られることになる。ソフィとダニはハワイで挙式することになるが、ソフィはフィンリーと浮気してしまう。

ソフィはハワイ行きの飛行機に乗るダニと、故郷に帰るため空港にいるフィンリーのどちらを追いかけるのか…?


『Lの世界 ジェネレーションQ』シーズン2 第3話あらすじ

アンジーは遺伝子テストの結果を受け取り、ある事実を知ることになる。ジジはベットに頼まれダニの新居探しを手伝い、ベットは長い間アート界から姿を消していたアーティスト、ピッパ・パスカルの作品をアート展で見て魅了される。

マイカはナットの紹介で新しいセラピストの仕事を始めるが、トランスジェンダーの枠にはめられることに悩む。

アリスはポリアモリーだと告白したナットに寛容でいようとするが、ナットのデート現場を目撃して動揺してしまう。シェーンは店で開催する賭けポーカーが軌道に乗るが、テスの不審な行動が気になる…。

シーズン2 第2話のレビューはこちら ↓

『Lの世界 ジェネレーションQ』を無料視聴できる動画配信サービスは?

現在『Lの世界 ジェネレーションQ』を無料お試しで視聴できる動画配信サービスは、huluのみになっています。シーズン2は毎週金曜日に週一配信されます。

huluは2週間の無料お試し期間があり、加入すると『Lの世界 ジェネレーションQ』を無料で視聴可能です。

前編『Lの世界』も全6シーズンがhuluにて視聴でき、『Lの世界』『Lの世界 ジェネレーションQ』の両方を視聴したい方はhuluがおすすめです。(※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスのサイトにてご確認ください。)

hulu:2週間の無料お試し期間あり

・2週間の無料お試し期間
・10万本の作品が見放題
・FOXチャンネル・リアルタイム配信
月額料金を支払えば定額見放題で、2週間の無料お試し期間中に解約すれば一切料金はかかりません。

2週間無料お試しでhuluを体験する >>

 

『Lの世界 ジェネレーションQ』シーズン2 第3話の見どころ

『Lの世界』が描く本物の多様性

第3話は『Lの世界』だからこそ描ける、本物の多様性を見ることができて感動!マイカは新しい仕事場でトランスジェンダーの枠にはめられてしまうことを愚痴り、ソフィの妹のマリベルは体に麻痺があり、非白人系のハンディキャップであることで日常的に嫌な思いをしていると吐露するシーンが登場。

最近は多様性を意識した設定のドラマが増えていますが、いろんな人種をミックスしてLGBTのキャラを入れて…、と取って付けたような多様性が多いのは確か。

『Lの世界』はLGBTの世界を描いた先駆者的な存在だけあって、オブラートに包むのではなくマイノリティーの声を直球でストレートに描いているところがすごい!

マイカとマリベルの会話を聞いて、思わずはっとさせられた人種マジョリティーの人がいるのではないでしょうか。

意図していなくても無意識のうちに誰かを傷つけたことがあるかもしれない…、そういう「気付き」があるのが本物の多様性の描き方ではないかと思います。

マイノリティーの人はマイカとマリベルの会話から、黙っているだけでは何も変わらないということに気付かされるはず。二人の痛烈な意見を聞いた、フィンリーの一言が清くて感動!

筆者は海外生活が長いので、人種差別で嫌な思いをしてきました。差別されることの屈辱感と悔しさをマイカとマリベルが代弁してくれたように感じたし、今回のマイカ、マリベル、フィンリーのシーンを観て、よくぞこのエピソードを描いてくれた!と拍手したい気持ちでいっぱい。

真の多様性を直球で投げかけてくる『Lの世界』は、他のドラマとは一線を画すすごいドラマだと改めて実感しました。

アリス&ナット

前回ナットからポリアモリー(合意の上で複数のパートナーと関係を築く恋愛スタイルのこと)であることを告白されたアリスは、ナットの恋愛スタイルを尊重しようと努力します。

アリスもポリアモリーなら関係がうまくいくかもしれないけれど、アリスは一人に尽くすタイプ。頭では理解しようとしても気持ちがついていかず、編集者のトムに相談します。

アリスはバイセクシャルなので、シーズン2から登場したトムといい感じになる展開もあり?

2週間無料お試しで『Lの世界 ジェネレーションQ』を体験する >>

アンジーの遺伝子テスト

ティーンエイジャーになり自分のルーツが気になるアンジーは、ベットとティナに内緒で遺伝子テストを受けます。

その結果を見て驚くアンジーですが、精子提供者から自分の存在は秘密にするようにと言われているベットは内心穏やかではありません。

遺伝子テストの結果から、ある人物と会うことになったアンジー。緊張するアンジーを見守るベット、アリス、シェーンの3人の眼差しがやさしくて、大切な瞬間に立ち合い思い出を共有する3人の友情がとっても素敵♪

ベット&ジジ

アリスとナットにブラインドデートをセッティングされて、付き合うことになったベットとジジ。二人の関係はいまのところうまくいっているけれど、気の強い二人なのでこれからいろいろありそう。

ベットは長い間アート界から姿を消していたピッパ・パスカルの作品を見て魅了されていたし、これから波乱がありそうな予感です。

 

『Lの世界 ジェネレーションQ』のネット上での評判は?

『Lの世界 ジェネレーションQ』シーズン2 第3話を視聴した感想

個人的には『Lの世界』だからこそ描ける本物の多様性を見ることができて、まさに神回でした!『Lの世界』はストーリーや登場人物が魅力的でファッショナブルで全てが素敵なドラマですが、ただそれだけではないのが一番の魅力。

他のドラマでは描かれないマイノリティーの心の声を痛烈に表現して、視聴者に気付きをもたらしてくれる素晴らしいドラマです。 『ジェネレーションQ』も長いシーズン続くことを期待したいです♪

2週間無料お試しで『Lの世界 ジェネレーションQ』を体験する >>

 


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ