2022年度第79回ゴールデングローブ賞結果発表!テレビ部門での受賞者は?

出典:https://film-book.com/

1月9日(現地時間)に開催されたゴールデングローブ賞。つい映画部門ばかりに目が行きがちですが、海外ドラマ・ファンはどのドラマや俳優がテレビ部門で受賞したのか気になるところ。テレビ部門の受賞者の結果を早速チェックしていきましょう♪


テレビ部門の受賞結果

テレビ部門作品賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golden Globes(@goldenglobes)がシェアした投稿


メディア王〜華麗なる⼀族〜 受賞!
イカゲーム
POSE
ザ・モーニングショー
ルパン

 

リミテッドシリーズ作品賞

地下鉄道~ 自由への旅路 受賞!
メア・オブ・イーストタウン~ある殺人事件の真実
DOPE SICK アメリカを蝕むオピオイド危機
メイドの手帖
Impeachment~American Crime Story

コメディ・ミュージカル作品賞

Hacks(原題) 受賞!
テッドラッソ:破天荒コーチがゆく
マーダーズ・イン・ビルディング
THE GREAT~エカチェリーナの時々真実の物語
Resarvation Dogs(原題)


ドラマ部門主演男優賞

ジェレミー・ストロング(メディア王〜華麗なる⼀族〜) 受賞!
イ・ジョンジェ(イカゲーム)
ブライアン・コックス(メディア王〜華麗なる⼀族〜)
ビリー・ポーター(POSE)
オマール・シー(ルパン)

ドラマ部門主演女優賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golden Globes(@goldenglobes)がシェアした投稿

MJ・ロドリゲス(POSE) 受賞!
ウゾ・アドゥーバ(イン・トリートメント)
クリスティーン・バランスキー(ザ・グッドファイト)
ジェニファー・アニストン(ザ・モーニングショー)
エリザべス・モス(ハンドメイズ・テイル/侍女の物語)

リミテッドシリーズ男優賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golden Globes(@goldenglobes)がシェアした投稿

マイケル・キートン(DOPE SICK アメリカを蝕むオピオイド危機) 受賞!
ポール・ベタニー(ワンダヴィジョン)
オスカー・アイザック(ある結婚の風景)
ユアン・マクレガー(ホルストン)
タハール・ラヒム(ザ・サーペント)

リミテッドシリーズ女優賞

ケイト・ウィンスレット(メア・オブ・イーストタウン~ある殺人事件の真実) 受賞!
ジェシカ・チャスティン(ある結婚の風景)
シンシア・エリヴォ(ジーニアス:アレサ)
エリザベス・オルセン(ワンダヴィジョン)
マーガレット・クアリー(メイドの手帖)

 

コメディ・ミュージカル部門主演男優賞

ジェイソン・サダイキス(テッドラッソ:破天荒コーチがゆく )受賞!
アンソニー・アンダーソン(ブラッキッシュ)
ニコラス・ホルト(THE GREAT~エカチェリーナの時々真実の物語)
スティーブ・マーチン(マーダーズ・イン・ビルディング)
マーティン・ショート(マーダーズ・イン・ビルディング)

コメディ・ミュージカル部門主演女優賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golden Globes(@goldenglobes)がシェアした投稿

ジーン・スマート(Hacks:原題)受賞!
イッサ・レイ(インセキュア)
エル・ファニング(THE GREAT~エカチェリーナの時々真実の物語)
トレイシー・エリス・ロス(ブラッキッシュ)
ハンナ・アインビンダー(Hacks:原題)

コメディ・ミュージカル部門助演男優賞


オ・ヨンス(イカゲーム)受賞!
キーラン・カルキン(メディア王〜華麗なる⼀族〜)
ブレッド・ゴールドスタイン(テッドラッソ:破天荒コーチがゆく)
マーク・デュプラス(ザ・モーニングショー)
ビリー・クラダップ(ザ・モーニングショー)

 

コメディ・ミュージカル部門助演女優

サラ・スヌーク(メディア王〜華麗なる⼀族〜)受賞!
アンディ・マクダウェル(メイドの手帖)
ジェニファー・クーリッジ(ホワイトロータス/諸事情だらけのリゾートホテル)
ケイトリン・デバー(DOPE SICK アメリカを蝕むオピオイド危機)
ハンナ・ワディンガム(テッドラッソ:破天荒コーチがゆく)

メディア王〜華麗なる⼀族〜が3部門で受賞

テレビ部門は世界的なメディア王の一家の野望と確執を描いた『メディア王〜華麗なる⼀族〜』が、テレビ部門作品賞、ドラマ部門主演男優賞、助演女優賞の3冠を受賞しました。

個人的に2021年のNetflixの大ヒット作『イカゲーム』で、ゲームに参加する001番のおじいちゃんを演じたオ・ヨンスが助演男優賞を受賞したのがうれしかったです。

ジェイソン・サダイキス、ジーン・スマート、ケイト・ウィンスレットは、第73回エミー賞と第79回ゴールデングローブ賞の両方で受賞しました。

日本映画『ドライブ・マイ・カー』が非英語映画賞を受賞!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Golden Globes(@goldenglobes)がシェアした投稿

映画部門では濱口竜介監督が村上春樹の短編を映画化した、西島秀俊主演作『ドライブ・マイ・カー』が非英語映画賞を受賞。

『ドライブ・マイ・カー』は第74回カンヌ国際映画祭にて日本映画初の脚本賞を含む4冠を受賞し、第56回全米批評家協会賞でも作品賞や主演男優賞を受賞するなど高い評価を受けています。

 


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ