『窓辺の女の向かいの家の女』クリスティン・ベル主演、サクッと楽しめるサスペンス・ドラマ

出典:https://nbcnews.my.id/

1月28日に配信がスタートしたNetflixドラマ『窓辺の女の向かいの家の女』。1話30分全8話と短く、テンポのいい展開でサクサクと楽しめるサスペンス・ドラマです。本作のあらすじや見どころなど、ネタバレなしでご紹介!


『窓辺の女の向かいの家の女』あらすじ

アナは毎日ワインを飲みながら窓辺に座って、近所の隣人を眺めている孤独な女性。元アーティストだが絵を描くのをやめ、毎日朝からワインを飲んで過ごしている。

隣人達からも心配されるほど引きこもっているが、向かいにニールと娘のエマが引っ越してきたことで久しぶりに男性にときめきを感じる。

ある日アナは窓辺に座っている時に、女性が殺害される現場を目撃して通報するが誤報だと言われ逆に警察に疑われてしまう。真相を探るためアナは独自で調査に乗り出すが、事件に巻き込まれていくことになる。

『窓辺の女の向かいの家の女』を視聴した感想

既定路線とも言えるサスペンスですが、二転三転するストーリーとテンポのいい展開でサクサクと楽しめました。

結構無理な展開ありでツッコミどころも多かったですが、笑えるシーンを織り込みながら進むので飽きずに最後までイッキ見できるドラマです。

主人公がアル中で幻想を見たり自分で事件の調査に乗り出したりするところなど、HBO Maxの『フライト・アテンダント』に似ていましたね。

アナはアル中で幻想を見ることがあるので、アナの妄想なのか本当に起きたことなのか途中で分からなくなるツイストが効いた展開がおもしろかったです。

登場人物が少ない割に犯人が最後まで分からない展開なのですが、後から考えると腑に落ちない点がいくつか出てきて結構粗削りな脚本だったかも…。

ツッコミどころは多いですが結果的には楽しめたし、シーズン2への伏線のようなラストも気になったので続編を楽しみにしたいと思います。

Netflixドラマの『デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜』など、コメディ要素のあるサスペンスが好きな方におすすめです!


『窓辺の女の向かいの家の女』キャスト

アナ(クリスティン・ベル)

夫のダグラスと離婚後は、朝からワインを飲んで窓辺に座って外を眺める日々を過ごしている。元アーティストだが、あることが原因で絵を描くのを辞めてしまう。

ダグラス(マイケル・イーリー)

アナの元夫でFBIの精神科医。ある出来事のせいでアナと上手くいかなくなってしまうが、アナのことをいつも気にかけている。

ニール(トム・ライリー)

アナの向かいの家に越してくる男性で、娘のエマを男手ひとつで育てるシングル・ファーザー。孤独なアナに親切にしてくれるが、あることがきっかけで二人の間に誤解が生じてしまう。

リサ(シェリー・ヘニッヒ)

ニールの恋人でキャビン・アテンダント。アナに対して冷たい態度で、家に近寄らないように嫌がらせをする。

ビューエル(キャメロン・ブリットン)

アナの家の修理を担当している修理屋。大人しい性格で口数は少ないが、アナとの関係は良好。

『窓辺の女の向かいの家の女』の見どころ

テンポよく進むサスペンス・ドラマ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kristen bell(@kristenanniebell)がシェアした投稿

全8話で1話30分と短いので、あっという間に見終えてしまいました。ストーリーのテンポがよく、アナの幻想と現実がシンクロして何が本当なのか分らなくなる設定もおもしろい。

二転三転するストーリーは少し無理な展開もありますが、笑いを交えつつ進むので飽きずに楽しめます。犯人が分かった後に、あれ、でもそうなると…?と思わず考えてしまう腑に落ちない点が出てくるのですが、その説明があってもよかったかな…。

クリスティン・ベルがはまり役

夫と別れ孤独な生活を送っている、主人公アナを演じているのがクリスティン・ベル。トラウマと飲酒問題を抱えながら、殺人事件をきっかけに人生を立て直していく勝気な女性を魅力的に演じています。

事件を調査する過程は『ベロニカ・マーズ』を彷彿とさせて、クリスティン・ベルのファンはきっと楽しめるはず。

アル中の割にやさぐれ感が少ないのは、現在41歳ながら実年齢より10歳若く見える若々しさのせいかもしれません。


アナの飲みっぷり

 

この投稿をInstagramで見る

 

kristen bell(@kristenanniebell)がシェアした投稿

主人公のアナは、飲酒問題を抱えている孤独な女性。アル中になってしまう過程がきちんと説明されているので、思わずアナに同情してしまいます。

アナの愛用しているワイン一本分入るワイングラスがすごく大きくて、あのグラスを使っていたら飲む量が増えてしまうのも思わず納得。

こぼれるギリギリのラインまで注いで、グラスを置いたまま口を持って行ってズズーっとすする豪快な飲みっぷりも見どころです。キッチンカウンターのボウルに貯まった、ワインのコルクの数もスゴイ!

ラストに大物女優が登場!

リミテッドシリーズなのかと思いきやシーズン1と表記されていて、どうやらシーズン2もある様子?ラストに大物女優が登場するビックリなサプライズもあって、驚きました!

こういうコメディ要素のあるサスペンス・ドラマに、あの大物女優が登場するとは意外でしたね。シーズン2の伏線になっているのかしら…?と、早速興味が湧いてきます。

 

『窓辺の女の向かいの家の女』のネット上での評判は?

『窓辺の女の向かいの家の女』まとめ

ツッコミどころが多いですが、かなり楽しんで視聴しました!クリスティン・ベルがはまり役だったし、サクサクと観られるサスペンス・ドラマを観たいときにぴったりなのではないでしょうか。

シリアスで重厚なサスペンスもいいけれど、笑いをプラスした軽めのサスペンスのおすすめはないかな?という時にぜひどうぞ♪