Netflixドラマ『ザ・クラウン』と『ルパン』の撮影現場から、小道具50万ドル相当が盗まれる!

出典元:https://www.mediaplaynews.com

Netflixの人気シリーズ『ザ・クラウン』と『ルパン』の撮影現場から、多くの小道具が盗まれたと報じられました。なんとその額50万ドル相当!詳細をお伝えします。


『ザ・クラウン』の撮影現場が被害に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Crown(@thecrownnetflix)がシェアした投稿

2月24日にNetflixドラマ『ザ・クラウン』の撮影現場から、20万ドル相当(約2200万円)のアンティークの小道具が盗まれたと報じられました。

『ザ・クラウン』は現在シーズン5の撮影中。報道によるとメクスバラで3台の車両が撮影現場に侵入し、トラックは製作現場からそれほど遠くない場所に駐車されていたとのこと。

この窃盗事件でファベルジェの卵のレプリカ、祖父の時計の文字盤、ドレッシングテーブル、クリスタルガラス製品、銀と金の燭台、デカンタ、ドーム型の鳥かごなど350点以上が盗まれたそうです。

現在サウス・ヨークシャー警察が事件を捜査しており、この強盗事件によって製作が中断されることはないとのこと。『ザ・クラウン』のシーズン5は、2022年11月に配信予定です。

 

『ルパン』の撮影現場でも盗難事件発生!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lupin 💎(@lupin_netflix)がシェアした投稿

当初は『ザ・クラウン』のセットが強盗に襲われたとしか考えられていませんでしたが、なんと24時間経たないうちに同じくNetflixドラマの『ルパン』の撮影現場も盗難に合っていたことが判明。

『ザ・クラウン』の事件は撮影現場にスタッフがいない間に盗難にあったのに対し、『ルパン』の盗難事件はスタッフとキャストがまだ現場にいたときに発生しました。

『ルパン』のセットに約20人の窃盗団が現れ迫撃砲花火を投げ始め、顔を隠した窃盗団はセットと周囲の製作用トラックから33万ドル相当(約3800万円)の機材を盗み出したとのこと。

Netflixの担当者はスタッフとキャストが全員無事であることを確認し、負傷者はいないと報告しています。

ルパンは皮肉にもアルセーヌ・ルパンをモデルにした強盗がテーマのドラマ・シリーズで、裕福な一族から不正を受けたアサン・ディオプが父の仇を討つために復讐する物語です。

『ルパン』シーズン3は現在フランスで撮影中で、2022年中にNetflixで公開される予定。盗難にあった時主演のオマール・シーは撮影現場にいたそうです。

Netflixはその後盗難を認める声明を発表しており、『ザ・クラウン』と『ルパン』は事件の影響を受けずに製作を再開しているようです。

現在まだ窃盗犯は捕まっていませんが両事件とも調査中で、2つの盗難が関連しているかどうかは不明。

Netflixは声明で「盗まれた小道具はどちらの作品の製作にも大きく影響しないが、小道具を回収するつもりである。」と話しています。

セット・デコレーターのアリソン・ハーヴェイは事件後、「盗まれた品々は必ずしも最高の状態ではないため再販の価値は限られまますが、イギリスの映画産業の作品としては貴重なものです。」とコメントしています。

幸い怪我人や人的被害はなかったものの、撮影現場がそのような危険な状況にさらされることは問題視されるべきと言えます。

両方の被害総額は合計50万ドル以上になるとのことで、早く窃盗団が捕まることを願うばかりです。

 

 

参照記事:
‘Lupin’: Thieves Steal $330,000 Worth of Props in Second Netflix Production Robbery
Netflix Robbed Of $500K Worth Of Props For The Crown & Lupin
‘The Crown’: Thieves Steal Over $200,000 Worth of Antique Props During Production on Season 5