Netflix映画『アダム&アダム』時空を超えて、過去と未来の自分がタイムトラベル技術を阻止する!見どころをチェック

出典:https://www.netflix.com/

3月11日に世界同時配信されたNetflix映画『アダム&アダム』は、ライアン・レイノルズ主演のSFアクション映画。過去と未来の自分が協力してタイムトラベル技術が悪用されるのを阻止する、わくわくのストーリー展開が楽しい♪本作のキャストや見どころなどを、ネタバレなしでレビューします。



『アダム&アダム』あらすじ

アダム・リードは2050年から2018年にタイムスリップした妻ローラを探すためタイムワープするが、アクシデントのため間違って2022年にワープしてしまう。

アダムがやってきた2050年はタイムトラベルが可能になっていたが、ソリアン・テクノロジーズ社のCEOマヤ・ソリアンがタイムトラベルを独占しようとしていた。

怪我をしたアダムは当時の自分の自宅に行き12歳だったアダム少年と出会い、過去の自分と行動を共にする。

アダムの父親ルイスは既に他界していたが、かつてはワームホールを作る理論をもとに開発されたタイムトラベル技術「アダム・プロジェクト」の責任者だった。

アダムはタイムトラベルが悪用されるのを防ぐため、生前の父親と会おうと決める。

2018年にワープしようとするがタイムジェットは怪我をしたDNAを認知して搭乗拒否するため、12歳のアダムのDNAが必要になり一緒に搭乗させ2018年へと共にワープすることに。

果たして二人のアダムは父親と会い、タイムトラベル技術を阻止できるのか…?

『アダム&アダム』を視聴した感想

普通におもしろかったしコメディ要素が多く笑えて、SFアクションの娯楽作として楽しめました。タイムマシンものとしては、多少中途半端な感じだったのが少しだけマイナスポイント…。

未来の自分と子供時代の自分が協力してタイムトラベルを阻止するというテーマがおもしろいし、レヴィ監督が手がけた『ストレンジャー・シングス』のようなドラマ・シリーズとして観たかったようにも思います。

ジャンルはSFアクションですが家族の関係を描いたハートフルなエピソードもあり、トータルな娯楽作に仕上がっています。

映画としては106分と観やすい長さで飽きずに最後まで楽しめるし、多少下ネタはあるものの子供と一緒に観られるおすすめ映画です!


『アダム&アダム』キャスト

アダム・リード/大人(ライアン・レイノルズ)

空軍の戦闘機パイロットで、妻のローラを探しタイムワープする。亡くなった父親との思い出に囚われて、過去と向き合えないでいる。

アダム・リード/子供(ウォーカー・スコベル)

喘息もちで体が弱く、同級生にいじめられている。いじめが原因の喧嘩で停学処分になり、母親のエリーを心配させる。

エリー・リード(ジェニファー・ガーナー)

アダムを一人で育てるシングルマザー。夫のルイスを亡くして以来、アダムのいじめや停学などで頭を悩ませている。

ローラ・シェーン( ゾーイ・サルダナ)

アダムの妻でタイムワープ操縦士。2018年にタイムワープして以来、消息を絶ってしまう。

ルイス・リード( マーク・ラファロ)

アダムの父親で、タイムトラベルを実現させる技術「アダム・プロジェクト」の責任者。仕事に追われて、家族と過ごす時間が少ないと感じている。

マヤ・ソリアン(キャサリン・キーナー)

ソリアン・テクノロジーズ社のCEO。ルイスのプロジェクトの出資者だったが、タイムトラベルを独占しようとする。

『アダム&アダム』見どころ

過去の自分と出会ったら?

40歳のアダムがタイムワープして12歳の自分と出会い、お互いに影響し合っていく過程がおもしろい。

大人のアダムが覚えていない子供時代の記憶を12歳のアダムが甦らせたり、いろいろ経験してきた大人のアダムが12歳の自分に教訓を与えたりします。

大人のアダムが12歳の自分と出会ったことで新しい発見をして、過去と向き合っていく姿が興味深い。もし自分だったら過去の自分に何を言うだろう?と、思わず考えてしまいます(笑)。

過去と未来のアダム同士の掛け合いがおもしろく、このくだりはかなりコメディタッチで笑えるのもポイントです。

SF映画へのオマージュ

出典:https://screenrant.com/

本作ではマグシルというライトセーバーのような武器が登場します。ライトセーバーの進化系ともいえる両側から光る棒が出てくる武器に、12歳のアダムはライトセーバーだ!と興奮していました。

『スターウォーズ』にそっくりなシーンがあったり、タイムスリップした自分が両親と会うくだりは『バック・トゥー・ザ・フィーチャー』を彷彿させます。

洋画ファンが思わずニンマリしてしまうオマージュを散りばめて、遊び心たっぷりに仕上げているのも魅力です。

子供と一緒に観られる?

筆者は我が家のキッズと一緒に視聴しました。筆者よりも子供達の方が楽しんで観ていて、おもしろかった!とかなり満足していた様子。

コメディ要素ありアクションありで、ファミリーで楽しめる映画に仕上がっています。少し長めのキスシーンはありますが、ヌードやベッドシーンはないのでご安心を。

多少下ネタがありますが、小学校高学年以上のお子さんと一緒に楽しめるのではないでしょうか。

歴代3位の視聴時間を記録!

3月11日に世界配信された本作は、Netflixのオリジナル映画として歴代3位の再生時間を記録したとNetflixが発表しています。

『フリーガイ』『デッドプール3』でタッグを組んだライアン・レイノルズとショーン・レヴィ監督は、同じカナダ出身ということもあってかとっても相性がいいようです。

その他にジェニファー・ガーナー、マーク・ラファロ、ゾーイ・ソルダナ、キャサリン・キーナーが共演し、キャストがとっても豪華なのも魅力です。


『アダム&アダム』のネット上での評判は?

『アダム&アダム』まとめ

筆者的には普通におもしろかったという印象ですが、一緒に観た子供達がかなり気に入ったようで家族で一緒に観られるSFアクション映画を探している方におすすめです。

過去のSF映画へのオマージュや笑えるシーンも多く、アクション・シーンも迫力があるので最後まで飽きずに楽しめますよ♪