Netflixドラマ『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』観だしたらハマる!本格的な青春ミステリー

出典:https://thedailytexan.com/

2月にNetflixで配信されたNシリーズ『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』は、学校の居残りがきっかけで殺人事件に巻き込まれる青春ミステリー・ドラマ。ティーン・ドラマながら、意外に本格的なミステリーで楽しめます♪本作のキャストや見どころなどを、ネタバレなしでレビュー!



『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』あらすじ

アディ、ネイト、ブロンウィン、クーパー、サイモンは放課後に居残りを命じられるが、居残りの最中に一名が死んでしまう。

最初は事故と思われたが殺人の線が浮上し、居残りメンバー達は警察に事情聴取される。

殺人容疑をかけられた4人は無実を晴らすため自分達で調査を開始するが、誰が嘘をついているか分らない状況でお互いのことを信じられず疑ってしまう。

殺人容疑を掛けられ学校や家族から浮いていくなか、4人の間に奇妙な絆が生まれていく。果たして4人は犯人に辿り着くことができるのか?

『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』を視聴した感想

すごくおもしろくてハマってしまい、イッキ見してしまいました。あまり期待せずに軽い青春ものぐらいの気持ちで見始めたら、意外に本格的なミステリーでかなりどきどきの展開でおもしろかったです。

青春ドラマらしい胸キュンの恋愛や、スクールカースト、友情なども描いていますが、基本のミステリーから脱線せずしっかりとしたサスペンスに仕上がっています。

最後の方まで犯人が分からなかったし、視聴者を惑わす展開がたくさんあり目が離せません。ラストもシーズン2あるよね?という終わりだったので、ぜひ次シーズンに期待したいです。

それにしても青春ドラマを観るたびにアメリカの高校生はいろいろ大変だな…、と思います。高校生活をサバイバルするだけで、すごいストレスが溜まりそうですよね。

『プリティ・リトル・ライアーズ』『アウターバンクス』『コブラ会』『ラストサマー』系のドラマが好きな方におすすめですよ。


『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』キャスト

アディ(アナリサ・コクラン)

チアリーダーのメンバーで、人気者のブロンド美人。母親と二人暮らしで、着るものやヘアスタイルに口を出す母親に嫌気がさしている。思い当たらない理由で居残りさせられてしまう。

クーパー(チブイケム・ウチェ)

野球のためにミシシッピから引っ越してきた野球投手。スカウトされるために日々練習に励んでいるが、ある秘密を抱え周りに言えず悩んでいる。居残りメンバーの一人。

ブロンウィン(マリアンリー・テハダ)

成績優秀な優等生で、イエール大学を目指している。いい子でいることにストレスを感じているが、親の期待を裏切れないでいる。思い当たらない理由で居残りさせられてしまう。

ネイト(クーパー・ヴァン・グローテル)

父親と二人暮らしで、生活のためにドラッグを売っている。犯罪歴のあるトラブルメーカーだが、お嬢様のブロンウィンとは幼馴染で昔よく遊んでいた。遅刻が原因で居残りさせられる。

サイモン(マーク・マッケンナ)

市長の息子で学校のアウトサイダー的存在。アプリ「うわさの全て」で、学校の噂話を流しているため敵が多い。居残りメンバーの一人。

メイヴ(メリッサ・コラゾ)

ブロンウィンの妹で白血病を患っていた。優秀な姉に守られていることにストレスを感じ、ブロンウィンに反抗的な態度を取る。

ジェイク(バレット・カーナハン)

アディの恋人で、学校のフットボール選手。アディに夢中で、殺人容疑のかかったアディを心配してサポートする。

ジャネー(ジェシカ・マクラウド)

サイモンの親友で、学校で変わり者扱いされている。居残りメンバーと共に、殺人事件の真相を暴くため調査に協力する。

『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』見どころ

人気ドラマ&映画のいいとこ取り⁉

本作は「うわさの全て」という学校の噂話が掲載されるアプリがキーポイントになっていて、冒頭からまるで『ゴシップガール』のよう。

死んだ生徒の犯人捜しをするところは『プリティ・リトル・ライアーズ』に似ていて、居残りさせられた同級生が絆を築いていくところは映画『ブレックファスト・クラブ』にそっくりです。

人気ドラマ&映画のいいとこ取りしたようなドラマですが、二番煎じにならず本格的なミステリー&青春ドラマに仕上がっています。

本編で『ゴシップガール』に言及したり、ホームカミング・パーティーで流れる曲が『ブレックファスト・クラブ』の主題歌「Don’t You (Forget About Me)」だったりと、製作者側もテーマが似ているのを承知の遊び心がチラリと登場します(笑)。

スリリングな展開

全8話と短いシリーズながら1話ごとの内容が盛りだくさんで、飽きずに最後までイッキ見してしまうおもしろさ。

犯人がなかなか分からない展開がスリリングで、サスペンス・ミステリーとしては上出来の仕上がりです。

青春ドラマらしい恋愛ネタやティーンの悩みも盛り込んでいますが、基本のミステリーをしっかり描いているので見応えがあり楽しめます。

それぞれの人間関係に注目

居残りさせられたメンバーは共通点がなく、お互いのことをよく知らない関係です。

学校の人気者、優等生、トラブルメーカー、アウトサイダー、優秀なスポーツ選手と、それぞれのキャラが濃いのも物語にアクセントを加えています。

5人の性格や家庭環境がエピソードに上手く絡んでいるのがおもしろく、脚本が上手い!

まったく境遇の違う同級生たちが殺人容疑を掛けられたことで、お互い嘘をついているかも…と疑いながら少しずつ信頼を築いていき、本来の自分を見つけていく過程が興味深いです。

 

シーズン2の製作は?

本作は元はNetflixではなく、米国ストリーミングサービスPeacock製作のドラマです。2021年10月にPeacockで放送された後、2022年2月にNetflixで世界配信されました。

製作元のPeacockは『ワン・オブ・アス』のシーズン2への更新を発表しており、Peacockで配信後Netflixに登場することが予想されます。

本作はカレン・M・マクマナスのヤング・アダルトミステリー小説が原作で、シーズン2はシーズン1のラストの出来事の後そのままスタートすると報じられています。

続編小説の設定は1年後を舞台にしているため、ドラマ版は小説の内容が変更されています。

NBCの脚本コンテンツ担当責任者リサ・カッツは、魅力的で飽きさせない展開がヤングアダルト層の視聴者に強く響いたことに感激していると述べています。

シーズン1のラストでは新たな謎も浮上したので、どういう展開になるのか待ちきれません!


『ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』のネット上での評判は?

ワン・オブ・アス: 誰かが嘘をついている』まとめ

あまり期待せずに視聴したのもありますが、予想以上におもしろくてハマってしまいました。

青春ドラマとしても楽しめるし、ミステリードラマとしても本格的な仕上がりでかなり満足です。

『プリティ・リトル・ライアーズ』や『アウターバンクス』のような、スリリングな青春ドラマが観たい方におすすめです。

ティーンやヤングアダルト以外の世代も楽しめる内容なので、Netflixに加入されている方はぜひチェックしてみてください♪