『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』実際に起きた脱獄事件を描いたリアルなドラマ!

出典:https://www.digit.in/

ベン・スティラーが監督したSHOWTIMEの実録ドラマ。2015年に実際に起きた脱獄事件を元に、脱獄の全貌をリアルに描いた秀作です。本作のキャストや見どころなどを、ネタバレなしで紹介します。


『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』あらすじ

凶悪犯罪者ばかりが収容される、ニューヨーク州ダンネモラのクリントン刑務所。

リチャード・マットとデヴィッド・スウェットは終身刑囚として服役しているが、模範囚のため比較的自由の利く模範囚房に収容されていた。

二人は刑務所内の縫製工場で働き、受刑者の縫製指導をしているティリーとスウェットは密かに性的関係にありティリーはスウェットとの関係に夢中になっていく

刑務官のジーン・パルマーは、絵が得意なマットにプレゼント用の絵を描いてもらう代わりに絵の具を調達するなど親しくしている。

マットとスウェットは脱獄を考えるようになり、ティリーを利用して脱獄に必要な道具を刑務所内に持ち込ませ、徐々に脱獄の計画を進めていく。

『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』を視聴した感想

実際に起きた事件を元にしただけに、すごくリアルな仕上がりで見応えがありました。主演キャストの演技も素晴らしく、特に受刑者に翻弄されるパトリシア・アークウェットの演技に脱帽!

脱獄ドラマとあり『プリズン・ブレイク』のようなエンターテイメント性の高いドラマを期待すると肩透かしを食らうかもしれませんが、リアルな刑務所の様子や脱獄までのいきさつ、緻密な人間関係を丁寧に描いた骨太な作品に仕上がっています。

全7話と短いですが1話が約1時間あり、最終話は1時間40分と映画並みのボリューム。映画を数本分見るような見応えと、臨場感のあるストーリーに魅せられていきました。

実話を元にしたドラマが好きな方や、骨太で見応えのあるドラマが観たい!という方におすすめです。


『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』を無料視聴できる動画配信サービスは?

現在『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』を、見放題で視聴できる動画配信サービスはU-NEXTのみになっています。

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、加入すると『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』を無料で視聴可能です。全7話と短いため、無料お試し期間中に全話視聴可能です。

月額料金2,189円が高いと感じる方は、まず無料お試しを利用して体験してみてください!

1ヶ月の無料お試し期間中に、たくさんドラマや映画を無料視聴できますよ。無料お試しに申し込むと600ポイントが付与され、見放題作品以外の映画をレンタルできるのが魅力。お試し期間中に解約すると、一切料金はかかりません。

クオリティの高いHBOの作品を見放題視聴できるのはU-NEXTのみなので、おすすめです!(※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

U-NEXT:毎月1,200ポイント付与される

31日間の無料お試し期間
・21万本の作品が見放題
HBOの作品が視聴可能
・無料お試し期間に600円分のポイントが付与される

月額料金2,189円で毎月1,200ポイントが付与され、見放題対象以外のレンタル料金に利用できるのが魅力。なんと言ってもクオリティの高いHBOの作品が観られるのは、国内でU-NEXTのみ!

31日間無料お試しでU-NEXTを体験する >>

 

『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』キャスト

リチャード・マット(ベニチオ・デル・トロ)

終身刑で服役中で、絵を描くのが得意。スウェットと房が隣同士で、同じ縫製工場で働いている。刑務官のジーンと親しく、絵の具などを調達してもらっている。

デヴィッド・スウェット(ポール・ダノ)

警官殺しの罪で服役中で、縫製指導のティリーと性的関係にある。脱獄を計画し、マットと共にティリーを利用して脱獄計画を進める。

ジョイス・ティリー・ミッチェル(パトリシア・アークエット)

刑務所の縫製指導をしており、昔から浮気癖がある。夫のライルに愛想をつかしており、スウェットとの関係に夢中になる。

ジーン・パルマー(デヴィッド・モース)

刑務所の刑務官でマットと親しい。絵が得意なマットに、奥さんの誕生日プレゼント用に絵を描いてもらう。

ライル・ミッチェル(エリック・ラング)

ティリーの夫で刑務所で働いている。ティリーとスウェットの噂を耳にして心配するが、妻を愛しているやさしい夫。

『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~見どころ

実話を元にしたリアルなドラマ

出典:https://www.hollywoodreporter.com/

本作は2015年に実際に起きた脱獄事件を基にして製作されています。刑務所を舞台にしたドラマや映画はたくさんありますが、実話がベースになっているだけありドラマ全体がリアルに感じる仕上がりです。

普段見ることのない刑務所の生活や人間関係が緻密に描かれ、スウェットとマットが服役した理由もエピソードで登場するなど登場人物にじっくりとスポットを当て見応えたっぷり。

脱獄が起きた当初は警察懸賞金をかけ1300人態勢で二人の行方を追ったそうで、ドラマ内でも捜索の規模の大きさが分かる臨場感のある演出に引き込まれます。

マットの絵の才能

主役の一人リチャード・マットは絵の才能があり、ドラマ内でも彼の描く絵がたびたび登場します。マットの描く絵が彼の受刑者としてではなく、人間としての一面を浮かび上がらせているのがポイントです。

受刑者を人間扱いしない刑務官が多いなか、ジーンはマットの絵に魅了され彼の描く絵を通じて親交を温めていくところが興味深い。

刑務官と受刑者との間の線引きを危うくさせてしまうほど、マットの絵は才能に溢れています。

パトリシア・アークエットの演技

出典:https://www.tvinsider.com/

本作で素晴らしい演技を見せているのが、ティリーを演じるパトリシア・アークエット。

出演しているのは知っていたものの、実際の登場シーンでは気付かないくらいすっぴんに髪の毛ボサボサの田舎のおばちゃん姿でビックリ!

51歳という年齢設定で若い受刑者のスウェットとの関係にのめり込んでいき、ダイエットしたり髪を染めたりイメチェンに励む姿が何ともけなげ。

スウェットとの逃避行を夢見るも、マットとスウェットに利用されてしまう恋するおばさんをリアルな演技で演じています。

ベン・スティラーが監督!

俳優のベン・スティラーが、製作総指揮と監督を手掛けていることでも話題になっています。

『ミート・ザ・ペアレンツ』『ナイト・ミュージアム』などのコメディ路線のイメージが強い俳優ですが、監督としても活躍しています。

1994年の初監督作『リアリティ・バイツ』は90年代の傑作映画のひとつで、現在も青春映画の金字塔として高い評価を受けている作品。

他にも『ズーランダー』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『LIFE!』など、数多くの作品を製作・監督している才能の持ち主です。

コメディの監督作品が多いなか、『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』ではシリアスで重厚な演出で見事な作品に仕上げ彼の才能の底力を見せています。

本作は高い評価を受け、エミー賞やゴールデングローブ賞に多数ノミネートされました。



『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』のネット上の評判は?

『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』まとめ

リアルな脱獄ドラマとして見応えたっぷりでした。エンターテイメントではなくよりリアルに実話を忠実に追ったドラマとして、緻密な人間関係と脱獄までのいきさつを描いています。

映画数本分見るような満足感があり、俳優陣の演技も素晴らしかったです。普段あまり海外ドラマは観ないという方にもおすすめの、本格派ドラマとしておすすめです。

31日間無料お試しで『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』を視聴する >>