男同士の友情と絆が胸熱!ブロマンスを楽しめるおすすめ海外ドラマ12選

出典:https://www.netflix.com/

「女の友情はハムより薄い」なんて言われますが、男性の友情は女性の友情に比べると胸熱な感じがします。ドラマでも男同士の熱い友情を描いたものが多く、見ているとグッときますよね♪今回はブロマンスを楽しめるドラマを、12作品ピックアップして紹介したいと思います。(※本記事は筆者が海外ドラマBoardに執筆した記事ですが、海外ドラマBoardのサイト閉鎖に伴い転載する許可をもらい本サイトへ掲載しています。)



『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』ラスト&マーティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

True Detective(@truedetective)がシェアした投稿

1995年~2012年に起きる二人の刑事の軌跡を追った傑作刑事ドラマ。人のいいマーティと哲学的な思想を持つラストは全くソリが合わないながらも、お互いを信頼して揺るぎない絆を築いていきます。

あることが原因で関係が決裂しますが、解決したと思った事件が再び起こり久しぶりに再会し調査に乗り出す二人。お互いに命をかけて犯人逮捕に挑む二人の関係が、熱すぎてクラクラしてしまうほど。

一見仲良しには見えない二人ですが、危険な捜査をやり遂げることができたのは揺るぎない信頼関係があってこそ。思わず胸が熱くなるクライマックスは、二人のブロマンスぶりをしっかりと堪能できます。

 

『CHUCK/チャック』チャック&モーガン

家電量販店「バイモア」の店員のチャック・バトウスキーが、スパイの二重活動をすることになるスパイアクション・ドラマ。

ひょんなことからスパイ活動に巻き込まれるチャックは、「バイモア」の同僚のモーガンと小学校からの付き合いで親友同士。映画の趣味も同じでフィギアを集めたりと、何でも気の合うオタク仲間でもあります。

二重生活に疲れたチャックのよりどころは、親友モーガンとの他愛のない時間。最初はチャックのスパイ活動を知らなかったモーガンですが、事実が分かるとスパイ仲間になって共に二重生活を送ることに。

恋や仕事の悩みを話し合い、スパイ活動は命を懸けてお互いを助ける強い絆で結ばれた友情がとっても熱い。こんな友達がいたらいいな~、と思わせてくれる素敵な関係です。

 

『ベター・コール・ソウル』マイク&ジミー

傑作ドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフで、弁護士のジミー・マクギルことソウル・グッドマンを主役にしたドラマ。

かつて詐欺まがいのことをして生活していたジミーは、弁護士としてまっとうな人生を送ろうとするも結局マフィアと関わり合うことになります。

マフィアの保釈金を運ぶことになったマイクは絶体絶命のピンチに陥りますが、助けに来たのが何でも屋のマイク。

車を失いマイクと共に砂漠に置き去りになったジミーは、残り僅かの水だけで砂漠を横断する羽目に。生きるか死ぬかの状況のなか精魂尽き果てたジミーをマイクは励まし、なんとか砂漠から脱出します。

二人が無事生還できたのも、憎まれ口をたたき合いながらも生きて帰ろうと励まし合ったからこそ。

すごく仲良しというわけではないのに、いつもピンチの時はお互いを助け合うつかず離れずのほどよい距離感がいい。

砂漠を共にさまよったことで他の人との間にはない、特別な絆が生まれたことは間違いありません。無口な老人とおしゃべりなオジさんの、凸凹ブロマンスがとってもいいですよね。

 

『ストレンジャー・シングス』ジャスティン&スティーブ

田舎町ホーキンスを舞台に謎の研究所の陰謀に巻き込まれる、少年達の活躍を描いたホラーアクション・ドラマ。

スティーブは学校の人気者ながら、気に入らない相手は徹底的にいじめる典型的ないじめっ子。最初はすごく嫌なヤツだったけれど、次第にキャラ変して面倒のいいお兄ちゃんに変化していきます。

見かけによらず子供の面倒を見るのが得意で、特に主役のキッズの一人ジャスティンとすっかり仲良しに。

一番オタクぽくて見た目もイケてないジャスティンに、髪型のアドバイスをして自分のヘアスプレーを貸してあげたりと色々と面倒を見てあげます。

仲良くじゃれ合う兄弟のような二人の姿を見ると、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

 

『プリズン・ブレイク』マイケル&スクレ

海外ドラマ人気に火をつけた傑作脱獄ドラマ。兄のリンカーンを脱獄させるため脱獄計画を実行していくマイケル・スコフィールドは、脱獄するためにマイケルと同房のスクレも脱獄計画に巻き込んでいきます。

人を信用しないマイケルはラテン系でノリのいいスクレとは正反対の性格ながら、しっかりとした信頼関係を築いていきます。

マイケルの脱獄計画がうまく行ったのも、スクレが同房だったからといっても過言ではありません。シリーズを通じてマイケルを絶対に裏切らなかったスクレは、マイケルにとって唯一無二の親友。

過酷な運命を背負ったマイケルとスクレの友情は、脱獄ドラマをさらに熱くさせてくれました。

 

『SUITS/スーツ』マイク&ハーヴィー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suits(@suitspeacock)がシェアした投稿

敏腕弁護士ハーヴィーがひょんなことからワケありのマイクと出会い、天才的な頭脳を持つマイクをアソシエイトとして雇う弁護士ドラマ。

弁護士資格を持たないマイクは本来なら法律事務所では働けないため、学歴&経歴詐称して無資格で働くことに。

弁護士の仕事をマイクに叩きこむハーヴィーですが、自己中心的で協調性に欠けるハーヴィーがマイクと仕事をすることで人の気持ちを考える人間へと変化していきます。

お互いに影響を与えながら協力して弁護をこなしていき、二人の絆が強くなっていく過程がおもしろい。上司と部下の関係を超えてまるで兄弟のような二人を見ると、職場でこういう関係を築けるのっていいなと素直に思えます。


『シリコンバレー』ディネシュ&ギルフォイル

シリコンバレーで企業を目指すオタク青年達の奮闘コメディ・ドラマ。画期的な「データ圧縮アルゴリズム」を開発したエンジニアのリチャードは、自分の会社「パイドパイパー」を設立するも軌道に乗らず四苦八苦することに。

「パイドパイパー」の技術者のパキスタンからの移民ディネシュとカナダ人のギルフォイルは、技術を競うライバル同士で毎日喧嘩ばかり。何かといがみ合うも、結局最後はお互いを助け合うことになり実は仲がいい⁉

反則スレスレのネタでお互いをディスりまくる2人のコメディ展開が毎回笑わせてくれますが、シーズン6最終話は2人の信頼が試される展開で見事にキメてくれました。やっぱり二人は運命共同体なんですよね♪

 

『リベンジ』ジャック&ノーラン

父をはめたグレイソン家に復讐するリベンジ・ドラマで、復讐に燃える主人公エミリーを助けるのが大富豪のノーラン・ロス。

風変わりな金持ちという色眼鏡で見られて、友達がおらず孤独だったノーランの最初の友達になるのがエミリーの幼馴染のジャックです。

最初は友達になろう、というノーランをうとましく思っていたものの、「何かあると結局お前のところに話に来るんだよな」とジャックに言わしめるほどの仲良しに。

家族や恋人の話など悩みを何でも話せる関係を築き、生涯の友と言える親友同士になります。孤独なノーランと不運な運命に翻弄されるジャックのブロマンスは、『リベンジ』の見どころのひとつです。

 

『ナルコス』マーフィー&ペーニャ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Narcos(@narcos)がシェアした投稿


実在したコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルを追う、実話をベースにしたドラマ。DEA捜査官のマーフィーとペーニャは命の危険にさらされながらも、エスコバルを捕えるべく協力して捜査に当たります。

慣れない土地とコロンビア警察のやり方に戸惑うマーフィーは、捜査官として評判がいいとは言いえないペーニャとコンビを組むことに。

最初はお互いのことも手探り状態でしたが命を張った捜査と修羅場を潜り抜けるうちに、少しずつ信頼を築いて揺るぎない絆で結ばれていきます。自分の立場が危うくなっても、お互いをカバーし合う二人の友情と絆にぐっとくること間違いなし!

しびれるくらいの命を懸けた男達の熱い闘いにどっぷりハマれて、究極のブロマンスを見せてくれるドラマです。

 

『アントラージュ☆オレたちのハリウッド』ヴィンス&エリック

ハリウッドを舞台に、成功を夢見る若者たちの恋愛と仕事を描いたコメディ・ドラマ。

ハリウッドの人気俳優のヴィンスとマネージャーを務めるエリックは、ニューヨーク時代からの幼馴染で大親友。ハリウッドの豪邸をシェアして、住まいも仕事も一緒と朝から晩まで常につるんでいます。

少し甘ったれなところのあるヴィンスは、エリックに依存気味なのが玉にきず。一方エリックも自分の仕事がヴィンスに頼り気味なのはよくないと考え、自立の道を模索していきます。

お互いに依存気味でべったりの二人が次第に自立していく過程がおもしろく、少し距離を置くようになってもお互いを気にかけピンチには駆けつける男の友情がとってもいい!生涯の友とも呼べる二人の関係は、羨ましいくらいです。

 

『LUPIN/ルパン』アサン&ベンジャマン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lupin 💎(@lupin_netflix)がシェアした投稿

フランスの古典小説『アルセーヌ・ルパン』シリーズを元に製作されたフランス製ドラマ。

父親をはめたペレグリニ家に復讐を決意したアサンを助けるのが、幼馴染のベンジャマン。事件の発端となったマリー・アントワネットの首飾りを美術館から盗んだアサンの正体を、唯一知っている人物でもあります。

アサンの復讐はベンジャマンなしでは成し遂げられなかったと言っても過言ではないほど、ベンジャマンの活躍っぷりがすごい。

社会的弱者として虐げられてきた移民のアサンを人種や肌の色で差別せず、心から彼を信頼して助けるベンジャマンがとっても素敵。

アサンがベンジャマンに復讐の手助け頼むのは、絶対に自分を裏切らないと分かっているからこそ。強い絆で結ばれた二人のブロマンスぶりも、本作の見どころのひとつです。

 

『ホワイトカラー』ニール&ピーター

詐欺師のニール・キャフリーとFBI捜査官のピーター・バークが、コンビを組んで知的犯罪を解決していく物語。ニールは恋人に会うため刑務所を脱獄後、ピーターに逮捕されるも条件付きで捜査のパートナーになります。

最初は詐欺師のニールを信用していなかったピーターでしたが、ニールの捜査能力に一目置いて次第に信頼関係を築いていきます。

詐欺師と捜査官という全く異なる二人が犯人を捕まえるという同じ目的を達成するために、信頼を築きながら芽生えていく友情がたまりません。立場の違う二人が築く友情だからこそ、特別なものを感じます。