クリス・プラット主演、Amazonドラマ『ターミナルリスト』配信日やキャストなど、現在分かっている情報を更新♪

出典:https://www.military.com/

『ターミナルリスト』はベストセラー小説を元にAmazonスタジオが製作した、クリス・プラット主演の大作ドラマ。配信日、キャスト、あらすじなど現在分かっている情報を、先日公開されたティーザー映像と共に紹介します。


『ターミナルリスト』ティーザー映像を公開

『ターミナルリスト』 の配信日は?

『ターミナルリスト』 は2022年7月1日(金)より配信され、全8話構成になる予定です。

ジャック・カーのベストセラー小説を元に製作され、実写版のジェームズ・リース役のクリス・プラットが初お目見えとなりました。

ティーザー映像を見ると映画並みのスケールの大きさを感じさせ、見ごたえのあるアクション・ドラマになるようです。

クリス・プラットの出演料は?

本作で主演するクリス・プラットの出演料がスゴイ!と話題になっています。

クリスの出演料は1話あたり140万ドル(約1億5,000万円)と言われており、全8話の合計出演料はなんと約12億円!

近年はハリウッドのAリストスターがドラマ・シリーズに出演することが増えており、ドラマ出演料がとんでもない金額になることも。

日本では『ドクターX』シリーズの米倉涼子の1話800万円がトップクラスだと話題になっているのに比べたら、ハリウッドスターの出演料は本当に桁違いと言えますね。

クリスは本作で製作総指揮も務めています。


『ターミナルリスト』のあらすじ

『ターミナルリスト』は2018年に出版された、ジャック・カーのデビュー作を元に製作されています。

海軍特殊部隊(ネイビー・シールズ)のジェームズ・リースが主人公。ジェームズと彼のチームが任務中に待ち伏せされ彼以外の全員が死亡し、帰還後ジェームズは事件のフラッシュバックに悩まされる。

自分のリーダーシップと過失に疑問を抱き始めたジェームズは調査を進めるうちに、事件には陰謀が隠されていることに気づく。

仲間の死を招いた任務中の待ち伏せが、敵からの攻撃ではなくアメリカ政府からの裏切りであることを知る。

ジェームズは家族をも危険にさらしながら、仲間のために復讐する…、といったストーリーです。

『ターミナル・リスト』のキャスト

クリス・プラットは主人公のジェームズ・リースを演じ、『マグニフィセント・セブン』のアントワーン・フークア監督が、本作の監督を務めています。

クリス以外のキャストには、コンスタンス・ウー(戦争特派員ケイティ・バラネク役)、ライリー・キーオ(ジェームズの妻役)、キャサリン・ダイアー(ジェームズの義母)が出演。

その他にテイラー・キッチュ(ジェームズの親友のベン・エドワーズ役)ジェイ・コートニー(億万長者のスティーブ・ホーン役)で出演しています。



Amazonのアクションドラマ・シリーズ

出典:https://tvseriesfinale.com/

『ターミナルリスト』は5冊からなるシリーズの第1弾で、次作は2022年4月に発売予定です。

Amazonプライム・ビデオでシーズン1が始まったばかりのリー・チャイルドの小説を元にした『ジャック・リーチャー』シリーズと同様に、ジャック・カーによるジェームズ・リースのシリーズは読者に人気を誇る書籍をドラマ化したシリーズになりそうです。

Amazonプライム・ビデオは『ジャック・リーチャー』『ターミナルリスト』の他にも、トム・クランシーの小説を元にした『ジャック・ライアン』シリーズも人気。

ジャック・ライアンはシーズン3と4が予定されており、この3つのドラマシリーズがAmazonプライムの人気アクション・シリーズになることは間違いないようです。

動画ストリーミングサービスはHBO、Netflix、hulu、Disney+などがしのぎを削り、各サービスで目玉となるドラマ・シリーズを作るのに必死です。

Amazon映画の『トゥモロー・ウォー』で成功を収めたクリス・プラットをシリーズの主役に迎えたことは賢明で、同サービスのさらなる視聴者獲得に貢献することができると見ているようです。

クリスにとっても大手ストリーミング・サービスの人気シリーズで主役を務めることは、俳優としての人気とキャリアの安定をもたらすことになるに違いありません。

 

 

参照記事:
The Terminal List Trailer Teaser Reveals Chris Pratt As Navy SEAL James Reece
The Terminal List News & Updates: Everything We Know