タイムスリップがテーマの、最高におもしろいおすすめ映画6選を紹介!

出典:https://reelgood.com/

タイムトラベルがテーマの映画は、タイムパラドックスのおもしろさを堪能できるのが魅力です。タイムトラベルをいいことに使ったり、悪いことに利用したりと奇想天外なストーリーを楽しめます。今回はタイムスリップがテーマの、ユニークな作品を6選ピックアップしました!(※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスのサイトにてご確認ください。)



プリデスティネーション

出典元:https://www.signature-entertainment.co.uk

イーサン・ホーク主演のオーストラリア映画。1970年代のニューヨークで、連続爆弾魔フィズル・ボマーが世の中を震撼させていました。とあるバーにやってきたジョンと名乗る人物が、バーテンダー(イーサン・ホーク)に身の上話を語り始めます。

フィズル・ボマーとジョンの話が一体どんな関連性があるのか、中盤まで全く接点が見えないのですが、後半からあらゆる伏線を回収して衝撃の真相が分かっていきます。

見終わった後、何とも言えない複雑な感情が沸き起こる映画。タイムトラベルものにしてはかなり斬新な仕上がりで、ぜひおすすめ!

劇中で男性と女性を演じ分けるサラ・スヌークの演技が素晴らしい。女性の頃はエマ・ストーンを思わせるルックスなのに、男性の頃はレオナルド・ディカプリオ似のイケメンに見えるからスゴイ!

帰ってきたヒトラー

出典:https://www.amazon.co.jp/

1945年から2014年にタイムスリップしてきたヒトラー(オリヴァー・マスッチ)は、ベルリンの空き地で目を覚まします。ヒトラーそっくりの芸人と勘違いされ、YouTubeで人気者になってコメディアンとして本を出版したり映画に出演したりすることに。

政治活動を目論むヒトラーでしたが、一緒に行動を共にしていたテレビ局員のザヴァツキは、彼が1945年からタイムスリップしてきた本物のヒトラーだと気付いて…。

ヒトラーが現代にタイムスリップしてきたら、という奇想天外なブラックコメディ。笑えるようで笑ってはいけないシチュエーションで、ヒトラーの恐ろしさを風刺したある意味反則スレスレのトンデモ映画。ヒトラー役を演じるオリヴァー・マスッチがソックリで、ハマリ役!おすすめです!

もしも昨日が選べたら

出典:https://www.flixwatch.co/

仕事人間のマイケル(アダム・サンドラー)は、妻のドナ(ケイト・ベッキンセイル)と子供が2人いますが仕事が忙しく家族との時間はおなざりになりがち。

ある日電化店で時間を操れるリモコンを手に入れ、面倒な家族との時間を早送りしていきます。そうしているうちに、大切な家族との時間を失い気付いた時には手遅れになって後戻りできなくなってしまいます。

コメディながら家族の大切に気付いて、最後はほろっとさせてくれる映画。笑えるけれど、ジーンとくる映画が観たい時におすすめです。



テルマエ・ロマエ

出典:https://pointi.jp/

日本映画のタイムスリップ映画でおすすめと言えばこれ!古代ローマの浴場設計士ルシウス(阿部寛)が現代の日本にタイムスリップしてしまい、古代ローマと現代日本を行き来するように。

日本のお風呂文化に感化されて、ローマの浴場建設に役立てます。日本の銭湯やお風呂文化が描かれ、カルチャーショックを受けるルシウスの反応が笑いを誘います。

ローマ人役を顔の濃い日本人俳優が演じているのもおもしろく、気軽に見て笑えるコメディ映画。これを観た後は温泉にゆっくりと浸かりたくなりますよ。

ビルとテッドの大冒険

出典:https://reelgood.com/

ビル(キアヌ・リーブス)とテッド(アレックス・ウィンター)は、落第寸前のおちこぼれ高校生。ある日二人の前にルーファスという男が現れ、公衆電話ボックスのタイムマシンに乗って二人は過去へとタイムスリップします。

歴史で落第点を取ったらピンチの二人が、タイムマシンで過去に遡りさまざまな偉人と出会うというおバカコメディ。

タイムスリップものだとこだわらずに、何も考えずただ笑いたい時にもおすすめの1本。なんと29年ぶりにシリーズ第3段が作られました!B級コメディ映画ながら、本国アメリカでの人気はすごいものがあります。

バック・トゥ・ザ・フィーチャー

出典:https://www.denofgeek.com/

この映画を超えるタイムスリップ映画は存在しないのでは?というくらいの傑作映画。友達のドク(クリストファー・ロイド)が開発したタイムトラベルの車で、1985年から1950年代にタイムスリップしてしまったマーティ(マイケル・J・フォックス)。

自分の両親と出会い、あろうことか母親が自分に恋してしまいます。両親の仲を取り持つために奔走しながら、宿敵ビフをやっつけて1985年に戻る方法をドクと一緒に考えます。

主演のマイケル・J・フォックスの軽快な演技とテンポのいい展開、張りめぐらされた伏線を上手く回収しながら進む巧妙なストーリー、とどれを取っても1級のおもしろさ!子供から大人まで楽しめる内容で、家族で一緒にタイムスリップ映画を観たい時にもおすすめです。